このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ミス・ヨーロッパ

ミス・ヨーロッパ

A 長編映画 by Augusto Genina

Produced by Sofar

Release in France : 16/05/1930

  • Contents

俳優 (11)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Sofar

フランス国内配給 :

Films Sonores Tobis

Film exports/foreign sales :

Roissy Films

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

パリグローブ新聞社のタイピストたるリュシエンヌは同じ社の植字工アンドレと恋仲であっったが、アンドレは実直な男で二人で固い夫婦生活に這入ろうと思っ ていた。所が、サン・セバスチャンでミス・ヨーロッパの美人選出会があると聞いたリュシエンヌは冗談半分に自分の写真を係りに送って見た。すると案外、彼 女はミス・フランスに選び出され、フランス美人の代表としてサン・セバスチャンに行く事となった。サン・セバスチャンでの美人選出の会にリュシエンヌは晴 れがましくもミス・ヨーロッパの栄誉をかち得た。が、この栄誉も時の間だった。再びリュシエンヌがパリに帰って来た時は彼女は単なる一人の女にしか過ぎな かった。生活は再び昔に返った。そして彼女はアンドレと一緒に暮らす事になった。それは貧しいけれど堅気な暮らしだった。が、家事を手伝う彼女は時として 昔の夢の様だったミス・ヨーロッパの自分を想い出したりした。そしてミス・ヨーロッパとしてサインを求めて送って来る彼女の写真には念入りなサインをし た。それがアンドレを苛立たせた。そうしている内にサン・セバスチャンで彼女と知合いになったグラボヴスキー大公が一日彼女を訪れ、或る映画会社にスター として出演する事を懇望した。リュシエンヌはアンドレの反対を押し切って再び昔の華かな己れを見たさに映画に出演する事を承諾した。で、そのフィルムの試 写の日、スクリーンの上で華かに歌う己れの姿を見ながらリュシエンヌは本当に幸福に包まれていた。が、その際、棄てられたと誤解したアンドレが試写室に忍 び寄り、彼女めがけて拳銃をはなった。斯うしてリュシエンヌは果敢なく死んで行った。が、その冷く白い彼女の面を外に、スクリーンの上では、なんと、リュ シエンヌは華かに歌い続けているではないか。死んだ真と、歌っている幻と。

Source : movie.walkerplus.com

クレジットタイトル詳細 (8)

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1930

フランス公開 :

16/05/1930

上映時間 :

1 時間 49 分

経過状況 :

公開済み

CNC助成 :

不明

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.33

Audio format :

モノラル

Posters (3)

監督

映画祭でのセレクション

ベルリン国際映画祭 - 1997

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1997)

Selection

Retrospective