このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
地獄の貴婦人

地獄の貴婦人

A 長編映画 by Francis Girod

Produced by Lira Films, Belstar Productions, Films 66

Release in France : 22/05/1974

    あらすじ

    Marseilles, 1919. Georges Sarret is a distinguished and respected lawyer, recently honoured for his services in the First World War. He takes as his lover Philomène Schmidt, a young German woman, who has just lost her job and home. To enable Philomène to remain in France, Georges finds her a husband - who dies conveniently of natural causes a month after the wedding. Georges repeats the trick with Philomène's sister, Catherine - marrying her off to an old man who dies suddenly so that the scheming trio can profit from his life insurance. When an accomplice in the scheme, Marcel Chambon, threatens to blackmail them, Georges and his two lovers have no option but to kill him and his mistress. Having dissolved the bodies in sulphuric acid, Georges hires another man to pose as Chambon so that he can secure his assets. Flush with the success of this venture, Georges proposes his most ambitious scam: he will insure Catherine's life with five separate insurance companies; a young orphan woman who is dying from tuberculosis will provide Catherine's death certificate when the moment comes. Unfortunately, the scheme does not go quite as planned...一九三〇年代初頭のマルセイユ。フィロメーヌ・シュミット(ロミー・シュナイダー)は三十歳。ある老婦人の家の家政婦として働いていたが、夫人が死に、途方に暮れているところをジョルジュ・サレ(ミシェル・ピッコリ)という男に拾われた。サレは著名な弁護士だったが大変な悪党で、フィロメーヌはたちまち情婦に仕上げられてしまう。サレはやがて彼女に夫を世話するが、結婚一ヵ月後にその男は死んでしまう。その間サレは、フィロメーヌの妹カトリーヌ(マーシャ・ゴムスカ)をドイツから呼びよせ、情婦にしてしまう。サレは彼女にフランス語を教え貴婦人に仕立てあげた。そして病身で余生いくばくもないドルトイユという五十男とカトリーヌを結婚させることにした。目的は、生命保険詐欺で、ドルトイユとよく似ている健康な男を捜し、それをドルトイユの替玉に使って保険に加入させ、ドルトイユが死んだらカトリーヌが保険金を受取るという寸法だ。替玉は、僧職を剥離された元伝導師ミシェル・シャンボン(P・ブリザール)で、彼はノエミ(アンドレア・フェレオル)という女と暮らしてた。シャンボンの報酬は二五万フランで、加入手続きが終わり、あとはドルトイユの死を待つばかりだった。彼は三ヵ月後に死に、三人は保険金を山分けした。数か月後、シャンボンが保険金の半分をよこさなければ警察へ訴えるといってきたが、そのときは既に散財してしまっていた。サレはこの窮地を脱するにはシャンボンとノエミを殺す以外にないといい、ある夜、別荘で二人を射殺した。死体は、硫酸の入ったバス・タブで溶かし、液は庭に埋められた。さらにサレは二人の遺産まで手に入れ、その後しばらく身をひそめていた。数ヵ月後、サレは再び動きだし、今度はカトリーヌに保険をかけた。彼女の替玉はマガリ(モニカ・フィオレンティーニ)という病身で身よりのない娘だった。サレは夜な夜なマガリを歓楽街に連れだし疲労させ、さらにカトリーヌを使って同性愛に溺れさせたが、彼女の身体は弱まるどころか逆に元気になってしまった。いらいらしてきたサレは、マガリの誕生日に盛大なパーティを催した。バースディ・ケーキが運び込まれたとき、カトリーヌが二階に上がっていってしまうと、マガリも後を追った。突然、二階から悲鳴が聞こえ、何かが落ちる音がした。サレとフィロメーヌが庭に出てみると、そこにはカトリーヌの無惨な死体があった。それは原因の分からない謎の死だった。いずれにしても、サレの思惑どうり、事故死として多額の保険金がフィロメーヌに支払われた。カトリーヌの葬式が終わると、サレとフィロメーヌは結婚した。マガリを花嫁の付き添いとして……。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (15)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Lira Films, Belstar Productions, Films 66

    Film exports/foreign sales :

    Roissy Films

    Foreign production companies :

    Oceania Produzione Internazionale, TIT Filmproduktion

    フランス国内配給 :

    Fox France

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (18)

    製作代表 :

    Raymond Danon, Jacques Dorfmann

    Dialogue Writers :

    Jacques Rouffio, Francis Girod

    プロデューサー :

    Michel Piccoli

    Foreign producers :

    Wolfdieter Von Stein, Ennio Nobili

    録音技師 :

    Bernard Bats

    Production managers :

    Ralph Baum, Jean-Marc Isy

    スクリプト :

    Suzanne Durrenberger

    作曲家 :

    Ennio Morricone

    スチールマン :

    Georges Pierre

    監督補佐 :

    Jean-Patrick Lebel

    原作者 :

    Solange Fasquelle

    Screenwriters :

    Francis Girod, Jacques Rouffio

    フォトディレクター :

    Andréas Winding

    撮影技師 :

    Jean Harnois

    編集担当 :

    Claude Barrois

    Production Designers :

    Philippe Turlure, Jean-Jacques Caziot

    Costume designer :

    Jacques Fonteray

    Location manager :

    Ilya Claisse

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア, ドイツ

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア, ドイツ)

    製作年 :

    1974

    フランス公開 :

    22/05/1974

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    41875

    ビザ発行日 :

    24/05/1974

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル

    Posters (2)

    監督

    映画祭でのセレクション