このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
すぎ去りし日の…

すぎ去りし日の…

A 長編映画 by Claude Sautet

Produced by Sonocam SA, Lira Films

Release in France : 13/03/1970

    あらすじ

    ピエール(M・ピッコリ)は妻のカトリーヌ(L・マッサリ)と別居し、パリのアパートに若く美しいエレーヌ(R・シュナイダー)と住んでいる。二人 は近々チュニスに移ることになっていた。エレーヌはそれを前から楽しみにしていた。彼女はピエールとカトリーヌの間の子供の事が気がかりだったからだ。だ からいつかは彼が子供の許へ帰っていくという不安におびえていたのだ。そしてある日子供に会いに行って来たピエールと衝突してしまった。彼はチュニス行き を延期して子供と夏のバカンスを過ごすというからだ。エレーヌをアパートに帰らせ、ピエールは再び子供の許へ車を走らせた。……愛し合ったり喧嘩したり、 弁解したり、もう疲れた。エレーヌを愛せなくなったようだ。途中のレストランで、ピエールは手紙を書いた。「僕たちはみじめになりつつある……別れよ う」。しかし、郵便局の前へ来ると気が変わるのだ。やはりエレーヌを愛している。エレーヌと結婚するのだ。エレーヌの許へと車を転換させるピエール。とあ る十字路。一〇〇キロのスピードで走って来た車は、エンストを起こして立往生しているトラックを見つけた。横すべりし、道路わきへと横転していくピエール の車。……ピエールが気がついた時は救急車の中だった。……長いこと眠ったようだ……手紙は破らねば……助かるだろうか……。しかし、エレーヌが病院に着 いた時ピエールは逝ってしまった。遺品の中にも手紙が残されていた。カトリーヌは悲嘆にくれるエレーヌをみつめながら手紙を引き裂くのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (29)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Sonocam SA, Lira Films

    Film exports/foreign sales :

    StudioCanal Films Limited

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    妻子ある男との結婚をひかえ、逡巡し、そして多くの不安を乗り越えて結婚にたどりつく一歩手前で、二人の未来は無惨にも断ち切られてしまう。製作は レイモン・ダノン、監督はクロード・ソーテ、脚本はポール・ギマール、ジャン・ルー・ダバディ、クロード・ソーテの共同、撮影はジャン・ボフティ、音楽は フィリップ・サルドが各々担当。出演はロミー・シュナイダー、ミシェル・ピッコリ、レア・マッサリ、ジェラール・ラティゴなど。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (19)

    製作代表 :

    Raymond Danon

    Adapters/dialogue writers :

    Paul Guimard, Jean-Loup Dabadie

    Co-producers :

    Roland Girard, Jean Bolvary

    録音技師 :

    René Longuet

    撮影技師アシスタント :

    François Lartigue, Guy Lecouvette

    製作部長 :

    Ralph Baum

    スクリプト :

    Geneviève Cortier

    スタントマン :

    Gérard Streiff

    Sound mixers :

    Jean Nény, Alex Pront

    演出助手 :

    Paul Dufour

    Assistant directors :

    Jean-Claude Sussfeld, Claude Vital

    Screenwriters :

    Jean-Loup Dabadie, Claude Sautet, Paul Guimard

    フォトディレクター :

    Jean Boffety

    音声アシスタント :

    Pierre Davoust

    Camera operators :

    Henri Clairon, Christian Guillouet

    Editor :

    Jacqueline Thiedot

    作曲家 :

    Philippe Sarde

    美術装飾 :

    Jacques Cottin

    スチールマン :

    Claude Mathieu

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    カップル, 事故

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, スイス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, スイス, イタリア)

    製作年 :

    1969

    フランス公開 :

    13/03/1970

    上映時間 :

    1 時間 38 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    35699

    ビザ発行日 :

    10/12/1969

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    Cannes International Film Festival - 1970

    Cannes International Film Festival (フランス, 1970)

    Selection

    Official Competition