このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

The Assault on the Himalaya

A 長編映画 by Jean-Jacques Languepin

Produced by Armor Films

製作年 : 1953

    あらすじ

    The French expedition to the Himalayas, organised by the French Alpine Club (Lyons Section), left Marseille on the 24th April 1951 for India. The team was composed by Roger Duplat, chief of the expedition, Louis Gevril, the second in charge, Alain Barbezat, Louis Dubost, Paul Gendre, Gilbert Vignes, Louis Payan, Doctor; and Jean-Jacques Languepin the cameraman who arrived in Delhi by air. On the third of June, the team was got together at Lata, the last cvilised centre, after having traversed in three days of difficulting marching, the deep valleys of the Alaknanda and the Dauli Ganga. In spite of many difficulties met with the recruitement of the Nepalese porters, the base camp was established the 18th of June. Then started the ascent of Nanda Devi (7,816 metres) by successive stages: the first camp being set at 5,720 metres, the second at 6,100 metres and the third at 6,450 metres. But already several members of the expedition suffered from the altitude. However, Roger Duplat and Gilbert Vignes continued toward the crest with two Sherpas...

    Participant

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Armor Films

    Film exports/foreign sales :

    Armor Films

    クレジットタイトル詳細 (6)

    製作代表 :

    Fred Orain

    編集担当 :

    Jean-Jacques Languepin

    作曲家 :

    Jean Wiener

    フォトディレクター :

    Jean-Jacques Languepin

    評論家 :

    Jean-Jacques Languepin

    Participant :

    Jean-Jacques Languepin

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    サブジャンル :

    アドベンチャー

    テーマ :


    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1953

    フランス公開 :

    上映時間 :

    54 分

    経過状況 :

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル