このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Retour du fils prodigue (Le) / 仮題 放蕩息子の帰還

Retour du fils prodigue (Le) / 仮題 放蕩息子の帰還

A 長編映画 by Danièle Huillet, Jean-Marie Straub

Produced by Straub-Huillet

Release in France : 23/04/2003

    あらすじ

    解放されたイタリア全土では、1944年の戦争の生存者達が過去、または未来を求めてさまよい始めていた。騒乱のさなかに全てを失い、彷徨に疲れた男女の一団は、モデーナとボローニャの間の荒廃した村に落ち着くことに決める。 ヴィットリーニが語るところの、地震により壊滅した村を再建したメッシーナの女たちの如く、一行は瓦礫の山を修復し、新しい人生をスタートさせようと試みるのだった。彼らの物語は自然から人類の歴史へと向かう果てしない道のりを駆け抜けた初期の人間の叙事詩とあらゆる点で類似している。
    このヴィットリーニの小説は1949年に初めて出版されたが、重要な手直しが加えられ、1964年出版の完全版では66年に逝去した偉大なる作家の扱った全ての主題が見られる。

    俳優 (7)

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Straub-Huillet

    フランス国内配給 :

    Pierre Grise Distribution

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (4)

    クレジットタイトル詳細 (2)

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2003

    フランス公開 :

    23/04/2003

    上映時間 :

    1 時間 4 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    105.432

    ビザ発行日 :

    11/04/2003

    CNC助成 :

    はい

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.33

    Audio format :

    ドルビーA