このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
家族の食卓

家族の食卓

A 長編映画 by Antoine Cuypers

Release in France : 03/02/2016

    あらすじ

    心に問題を持つセドリックは30代になってもまだ実家に住んでいる。ある日、家族が集う食事の席で、姉が妊娠を告げる。喜ぶ家族をよそに、ひとり怒りをこらえていたが、恨みは高まり、やがて爆発する。自分は見捨てられてきたと主張し、家族から被ってきた被害をぶちまけようとする。
    語りえぬもの、被害妄想、抵抗と反乱、知らぬふり。家族はどこまで均衡を保ち続けることができるのか…?

    Videos

    06/12/2016

    家族の食卓

    Trailer

    俳優 (5)

    映画製作・配給会社 (3)

    Co-productions :

    Wrong Men, Samsa Film

    フランス国内配給 :

    Les Films du Losange

    Film exports/foreign sales :

    Les Films du Losange

    About

    TRANSFUGE  「トランスフュージュ」誌
    「小道具こそ変われど、『シャイニング』の自転車のシーンを思い浮かべずにはいられない。名作をベルギーらしさで一新した作品。」

    LE MONDE  「ル・モンド」紙
    「入念に練り上げられた会話が素晴らしい。細部まで綿密にこだわった演出に、ナタリー・バイとトマ・ブランシャール、二人の演技が見事に応えた。」

    LE NOUVEL OBSERVATEUR  「ヌーヴェル・オブセルヴァトワール」誌
    「悪意も不安も、お望みどおり。」

    METRO  「メトロ」紙
    「アントワンヌ・キュペルス初監督作品は、奇妙さの中にも、押さえるべきところがきちんと押さえられている。トマス・ヴィターベアの『セレブレーション』の世界観を読み取ることもできるだろう。ナタリー・バイとトマ・ブランシャール、ベテランと若手、二人の俳優が共に完璧な演技をみせ、作品にエネルギーを与えている。」

    Photos (4)

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    スリラー, 心理ドラマ

    テーマ :

    家族, クレイジー, 疎外

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    ベルギー, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    ごく一部フランス (ベルギー, フランス)

    製作年 :

    2015

    フランス公開 :

    03/02/2016

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    禁止 :

    12歳未満