このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]

映画祭、イベント

04 2月 2016 へ 14:38

ベルリン国際映画祭:フランス主要製作作品3作が出品

2016年2月11日から20日まで開催される第66回ベルリン国際映画祭。フランスとしては、主要製作作品3本(加えて製作参加作品3本)がコンペティション部門に、さらにコンペティション外にも2本出品されるという、素晴らしい内容となっています。

 

フランス映画またはフランス製作の映画作品としては、アンドレ・テシネ(2007年にも『Les Témoins (証人たち)』がベルリン国際映画祭出品)、ミア・ハンセン=ラヴ(初出品)、ダニス・タノヴィック(2013年に『An Episode in the Life of an Iron Picker (英題)』出品)の3人の監督作品が、コンペティション部門に出品されています。

コンペティション外では、ジェラール・ドパルデュー、ブノワ・ポールヴールド出演、ギュスタヴ・ケルヴェルン、ブノワ・デレピン監督による『Saint Amour (原題)』、そしてフランソワ・ダミアン主演、ドミニク・モル監督による『News from Planet Mars (英題)』という、注目の2作品のワールドプレミアが行われます。

「パノラマ部門」、「ジェネレーション部門」の公式セレクションは後日発表される予定。

ベルリン映画祭とは別の独自の運営で、革新的な作品プログラミングを行っている「フォーラム部門」では44作品がリストに名を連ねており、フランスが製作参加した作品も8本含まれています。中でも、ジェラール・ドパルデュー主演、ギヨーム・ニクルー監督の『The Wandering (英題)』、マチュー・アマルリック主演、ユジェーヌ・グリーン監督の『Le Fils de Joseph (ジョゼフの息子)』は、とくに注目の作品です。

 

公式コンペティション部門-長編 :

コンペティション外-長編 :

フォーラム部門-長編 :

 

 

Author : 広報部

最終更新日 : 31 1月 2017 へ 14:38 CET

Market guide

Linked to this news article

Linked films (37)

Linked individuals (49)

Linked events (1)

media

Berlin International Film Festival - 2016

タイプ別検索 : 長・短編映画祭

テーマ : 総合