このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

映画祭、イベント

12 12月 2017 へ 08:57

アニエス・ヴァルダの功績をたたえて:映画、芸術、文化という大家族

先日、アニエス・ヴァルダにアカデミー栄誉賞が贈られました。女性の映画監督としては初の受賞となります。これを記念して、去る12月11日(月)、「Women in Motion(ウーマン・イン・モーション)」プロジェクトを進行中のKering(ケリング)とユニフランスとで共同祝賀パーティーを開催。映画・芸術・文化の各界から130名以上のゲストが出席しました。

 

総勢135名の列席者の中でも、とりわけ多くを占めたのが映画関係者たち。ダニエル・トンプソン(『セザンヌと過ごした時間』『モンテーニュ通りのカフェ』)、ロバン・カンピヨ(『BPMビート・パー・ミニット』『パリ20区、僕たちのクラス』)、トニー・マーシャル(『逢いたくて』)、ジャック・オーディアール(『預言者』『真夜中のピアニスト』)、ミシェル・アザナヴィシウス(『アーティスト』『あの日の声を探して』)、レベッカ・ズロトヴスキ(『プラネタリウム』『美しき棘』)、セリーヌ・シアマ(『トムボーイ』『水の中のつぼみ』)など、映画監督たちに並んで、イザベル・ユペールジェーン・バーキンサビーヌ・アゼマルイ・ガレルなど、俳優陣からも錚々たるメンバーが顔を揃えました。また、音楽、造形芸術の世界からも、作曲家のミシェル・ルグラン&女優のマーシャ・メリル夫妻、ミュージシャンのMことマチュー・シェディッド、アーティストで写真家のJR 、同じく造形芸術家のプリュンヌ・ヌーリーらが祝賀に駆けつけました。

また、Kering(ケリング)の会長兼最高経営責任者(CEO)フランソワ=アンリ・ピノー、ユニフランス代表イザベル・ジョルダーノ、同会長セルジュ・トゥビアナフランソワーズ・ニセン文化大臣、ユネスコ事務局長オドレイ・アズレ、シネマテーク・フランセーズ館長フレデリック・ボノーといった、映画・文化の振興を推進する各機関の代表者たちとともに、フロランス・ガストージャン・ラバディメリタ・トスカン・デュ・プランティエナタナエルエリシャ・カルミッツサンドリン・ブラウアーといった映画プロデューサー・製作指揮者らも、この華やかな祝いの場に出席しました。

パーティーの主役、アニエス・ヴァルダを近くで温かく見守っていたのは、衣装・美術ディレクターで映画プロデューサーでもある娘のロザリー・ヴァルダ、息子で映画監督・俳優のマチュー・ドゥミ、そして孫で撮影監督のヴァランタン・ヴィニェと、その妻で女優のデボラ・フランソワ

アニエス・ヴァルダは、「Women in Motion(ウーマン・イン・モーション)」のコンセプトに賛同し、Kering(ケリング)がプロジェクトを始動した2015年当初からトークイベント等に参加をしてきました。その中で、監督としての自身の映画人生、乗り越えてきた壁の数々について振り返り、次のように語っています。
「私たちの仕事は、技術や感性が認められて、評価されるもの。その人が男性か女性かなんて関係のないことなのよ。」


フォトギャラリーはこちら

 

Author : 広報部

最終更新日 : 14 12月 2017 へ 08:57 CET

Photos (7)

Linked to this news article

Linked individuals (31)

関連会社 (2)

media

La Cinémathèque Française

活動 :  共同製作, 製作代表

映画以外の活動 :  機関

最近のフィルモグラフィー : Le Fantome d'Henri Langlois / 仮題:アンリ・ラングロワの幽霊, Spatiodynamisme

media

UniFrance

活動 :  製作代表

映画以外の活動 :  Cultural/professional organization

最近のフィルモグラフィー : Jean-Paul Belmondo, 4 X D