このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

MyFrenchFilmFestival.com

09 1月 2018 へ 14:07

第8回「MyFFF」:審査員と出品作品のラインナップの発表です!

ユニフランス主催による、世界でいちばんカジュアルな映画祭が、今年もまた1月19日(金)から2月19日(月)までの1ヵ月間にわたり開催されます!昨年2017年には延べ700万回というこれまで最高の視聴回数を記録したこのフェスティバル。今年は短編・長編合わせて30作品が世界各地で配信されます。さっそく出品作品のラインナップと予告編、審査員のメンバーをチェックしましょう!

 

第8回「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)」の審査員代表を務めるのは、パオロ・ソレンティーノ。2014年アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『グレート・ビューティー / 追憶のローマ』をはじめ、『グランドフィナーレ』、『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』、HBOのテレビドラマシリーズ『ピウス13世 美しき異端児』など、数々の作品で知られるイタリア人映画監督、パオロ・ソレンティーノと共に、今回も世界に名だたる映画監督たちが、フランス国内外から審査員としてフェスティバルに参加します。

 

そして、2018年の出品作品ラインナップはこちらです!フランス映画の多様性を象徴するいくつかのテーマ別に、長編も短編も一緒に紹介していきます。

「WTF…RENCH!?」セレクション作品

彼らが探し求めているのは、愛、誰かに認められること、自由、そして熱帯の森の中のスキー場(?)…。フランス映画の主人公たちは、時になんとも馬鹿げているとしか言いようのない不条理の中へと、跳び込んでゆきます…。

「HIT THE ROAD!」セレクション作品

高速道路、サービスエリア、ヴァカンスのツアー旅行、海辺のアイスクリーム屋さん、カラオケ大会…。仕事の為であれ、夏の休暇であれ、「旅」というものはいつでも自分の内面と向き合う時間であり、自分探しの冒険でもあるのです。

「TEEN STORIES」セレクション作品

フランソワ・トリュフォーは言いました。「思春期を良き時代として思い出すのは、苦い記憶を持つ大人たちだけ」。それは、自己実現の時であり、大きな可能性の時でもあります。何だってできる!たとえ家族や友人の反対にあっても。君たちは何にでもなれるし、どこへでも行ける。すべてはまだこれから…。

「FRENCH AND FURIOUS」セレクション作品

ベルギーの連続殺人鬼、危険なサイコパスのようなお父さん、夜のピガール通りをうろつく刑務所上がりの男…。何かに抗い、苦しみに引き裂かれる人物たち。彼らが追い求めているのは、周囲からの注目であり、償いでもあるのです。

「LOVE “À LA FRANÇAISE”」セレクション作品

フランス映画といえば…、やはり恋愛! 古い恋のおはなし、現代のラブストーリー、これからの恋愛のスタイルも、どれもそれぞれに魅力的で…so French ! フランス的なのです。

「NEW HORIZONS」セレクション作品

この新たなテーマのもと「MyFFF」がみなさまに紹介したいのは、フランス発の若きクリエーターたちが創り出す革新的な作品。驚きと感動を生み出す力を持った、これまでにない新しいイメージと創作のかたちです。

 

1月19日(金)より、すべての作品の配信がスタート!「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)」公式サイトのほか、世界各地合わせて50のパートナーによる映画配信サービスでご覧いただけます。
第8回「MyFFF」開始までいよいよあと10日。まずは予告編をお楽しみください!フェスティバルのプログラムもダウンロードいただけます。最新ニュースのチェックをお忘れなく!

Author : 広報部

最終更新日 : 16 1月 2018 へ 14:07 CET

Download

Videos

Linked to this news article

Linked films (41)

Linked individuals (43)

関連会社 (3)

media

SWISS FILMS

映画以外の活動 :  機関

media

Telefilm Canada

活動 :  海外製作作品, 製作代表

映画以外の活動 :  機関

最近のフィルモグラフィー : 1:54, , The Young and Prodigious Spivet, ...

media

Wallonie-Bruxelles Images (WBI)

活動 :  海外製作作品

映画以外の活動 :  Cultural/professional organization

最近のフィルモグラフィー : Ils ne mourraient pas tous mais tous etaient frappes / 仮題:彼らはみんな死にまでは至らなかったけれどもみんな苦しんでいた, La Raison du plus fort, , ...