このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]

MyFrenchFilmFestival.com

05 1月 2021 へ 10:48

第 11 回 マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MYFFF)作品ラインナップ & 審査員 発表!

世界最大のフランス語圏映画祭「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)」が、今年もまた 1 月 15 日(金)から 2 月 15 日(日)まで、1 ヶ月間にわたり開催されます!

今年は短編・長編・VR作品あわせて全33作品がラインナップ。10 言語から選択が可能な字幕付きで、世界各地で同時配信されます。

さあ、第 11 回 MyFFF の予告編、審査員、出品作品のラインナップをさっそくチェックしてみましょう!

2021  国際審査員】

-      モニア・ショクリ:カナダの女優・脚本家・映画監督。2007 年にドゥニ・アルカン監督の作品で映画デビュー。その後、グザヴィエ・ドラン、クレール・シモン、モルガン・シモン、カテル・キレヴェレらの作品に出演。2019 年には、初長編作品『 La Femme de mon frère(英題:My Brother's Wife)』でカンヌ国際映画祭「ある視点部門 審査員注目賞」を獲得。

-      フランコ・ロリ:コロンビアの映画監督・脚本家・プロデューサー。初長編作品『 Une mère incroyable)』は 2019 年カンヌ国際映画祭批評家週間のオープニングを飾った。

-       ムニア・メドゥール:アルジェリア系移民の女性映画監督。数本のドキュメンタリー作品を制作した後、初のフィクション長編『パピチャ 未来へのランウェイ』を制作。暗黒の時代と呼ばれた 90 年代のアルジェリアで、自由を夢見て闘う少女たちの姿を描き、2019 年カンヌ国際映画祭 ある視点部門で上映され称賛を集めた。

-       ジャンフランコ・ロージ:イタリアのドキュメンタリー映画監督。『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』は、2016 年ベルリン国際映画祭にて金熊賞を受賞し、アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞にもノミネートされた。最新作『ノットゥルノ/夜』は、2020 年ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、2021 年アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表に選出されている。

-      ロザリー・ヴァルダ:映画・演劇・オペラ衣装デザイナー。2008 年より、アニエス・ヴァルダおよびジャック・ドゥミの映画を配給するシネ・タマリス社の代表を務め、展覧会や書籍のアートディレクションも手掛けている。プロデュース作品に、母アニエスとフォトグラファーの JR による『顔たち、ところどころ』(セザール賞およびアカデミー賞ノミネート作品)、2019 年のベルリン国際映画祭でプレミア上映されたアニエス・ヴァルダの遺作「アニエスによるヴァルダ」がある。

2021 年 国際報道審査員】

-       スザンヌ・ブルク(ドイツ)ラジオ局「Deutschlandfunk Kultur」ジャーナリスト。

-       ロビー・エクシエル(ギリシャ)ジャーナリスト、映画評論家。www.flix.gr

-       ケイティ・パーカー(ニュージーランド)フリーランスジャーナリスト

-       ダリア・ポーリュシカ(ポーランド)「ポーランド通信社」ジャーナリスト

-       クラレンス・ツイ(香港)香港のミニシアター「ブロードウェイ・シネマテーク」ディレクター、フリーランスジャーナリスト

-       ヴェロニカ・K・ザジュドラ(スロベニア)「ラジオ・テレヴィジョン・オブ・スロベニア(RTV SLO)」ジャーナリスト

【 2021 年 作品ラインナップ】

8つのテーマ別に、活力にあふれ、多様性豊かな現代フランス語圏映画をご紹介します。

フォーエバー・ヤング

もがきながら大人になっていく若者たちの姿を描いた、繊細な輝きを放つ作品を集めました。

-        『思春期 彼女たちの選択(監督:セバスチャン・リフシッツ

-        君は愛にふさわしい(監督:アフシア・エルジ)* この作品のMyFFFでの配信はありません。Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX-DrAMA & CLASSICS-」にて配信中です。

 -        幕あい』(監督:アントニー・ルメートル

-        アデュー』(監督:マティルド・プロフィ

 

クレイジー・ラヴィング・ファミリー

優しい視線で複雑な家庭環境を描く、エスプリの効いた作品はこちらから。

-        奥様は妊娠中』(監督:ソフィー・ルトゥルヌール

-        フェリチタ!』(監督:ブルーノ・メルル

-        ジャスト・キッズ』(監督:クリストフ・ブラン

-        『核家族』(監督:フォースティーヌ・クレスピー/フランス語圏ベルギー招待作品/協力:Wallonie-Bruxelles Images (WBI)

-        ソレ・ミオ ~ 私の太陽』(監督:マキシム・ロワ

 

トゥルー・ヒロイン

それぞれに複雑な事情を抱えた女性たちが、傷つき、怒りながらも、運命を自分で切り開いていく…。見えない敵と闘うすべての女性にエールを送る作品を集めました。

-        カミーユ』(監督:ボリス・ロジキン) 

-        クエシパン ~ 私たちの時代 』(監督:ミリアム・ヴェロー/フランス語圏カナダ招待作品/協力:Telefilm Canada

-        ワーキング・ガールズ』(監督:フレデリック・フォンテーヌアンヌ・パウリスヴィック/フランス語圏ベルギー招待作品/協力:Wallonie-Bruxelles Images (WBI)

-        青く震える娘』(監督:マリー・ジャコテロラ・アリファ=ルグラン

-        言葉にならない』(監督:エロディ・ワラス

 

フレンチ・ゴースト・ストーリー

ときには、フレンチスタイルのゴーストストーリーはいかがでしょう。

-        オルフェ』(監督:ジャン・コクトー

-        バーニング・ゴースト』(監督:ステファン・バチュ

-        空っぽの場所』(監督:ジェロフロワ・ド・クレシー

-        二十歳の死』(監督:アルノー・デプレシャン

 

オン・ザ・ロード

国際紛争から逃れてさすらう人々を描いた作品です。

-        英雄は死なない』(監督:オード=レア・ラパン

-        ジュゼップ』(監督:オーレル

-        犬っころ』(監督:ハリマ・ウアルディリ/フランス語圏カナダ招待作品/協力:Telefilm Canada

 

ラヴ・イズ・ラヴ

あらゆる角度から「愛」について問うドキュメンタリー 1 作品と短編 3 作品

-        マダム』(監督:ステファン・リートハウザー/フランス語圏スイス招待作品)

-        ビューティー・ボーイズ』(監督:フロラン・グエルー

-        友だちの友だち』(監督:ザッカリー・ゼズィマ

-        ミス・シャゼル』(監督:トマ・ベルネ

 

キッズ・コーナー

言葉を介さずに、フランス映画の楽しみを小さなお子さまと分かち合えるアニメーション作品です。

-        ダリアの世界』(監督:ハビエ・ナヴァーロ・アビレス

-        お遊戯会』(監督:ロイック・ブリュイエール

-        マエストロ』(監督:イロジック

-        o28』(監督:オタリア・コーセジョフロワ・コランルイーズ・グラルデルアントワーヌ・マルシャンロバン・メルルファビアン・メイラン

-        都会のオオヤマネコ』(監督:ニナ・ビシアリナ

 

ニュー・ホライズン(MyFFF公式サイトのみでの配信です)

実験的な映像やシナリオで新しい映画のかたちを追求するVR作品です。

-        『オデッセイ 1.4.9』(監督:フランソワ・ヴォーティエ

-        『リコーディング・エントロピア』(監督:フランソワ・ヴォーティエ

-        『サトゥルニスム』(監督:ミハイ・グレク

 

1月15日(金)より、全作品の配信がスタートします!

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)」公式サイトのほか、地域に応じた60を超える提携配信サービスからもご視聴いただけます。

短編はすべて無料でご視聴可能です。

長編は 1 作品あたり 1.99 ユーロ、または、全作品見放題のフェスティバルパック 7.99 ユーロでご視聴いただけます。

ラテンアメリカ、ロシア、ポーランド、ルーマニア、アフリカ、韓国からは長編・短編ともに無料でお楽しみいただけます。

開幕が待ちきれない…という方は、第 11 回 MyFFF の予告動画とプログラムで予習しておきましょう。

MyFFFの公式 Youtube、FacebookTwitterInstagramTikTok をフォローして、最新情報のチェックもお忘れなく!

 

第 11 回 マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル をお楽しみに。

Vive le cinéma !

*配信作品は国・地域、配信サイトによって変わることがあります。

Author : Jules Marco

最終更新日 : 15 1月 2021 へ 10:48 CET

Videos

Linked to this news article

Linked films (38)

Linked individuals (42)

関連会社 (2)

media

Telefilm Canada

活動 :  海外製作作品, 製作代表

映画以外の活動 :  機関

最近のフィルモグラフィー : 1:54, , The Young and Prodigious Spivet, ...

media

Wallonie-Bruxelles Images (WBI)

活動 :  海外製作作品

映画以外の活動 :  Cultural/professional organization

最近のフィルモグラフィー : Ils ne mourraient pas tous mais tous etaient frappes / 仮題:彼らはみんな死にまでは至らなかったけれどもみんな苦しんでいた, La Raison du plus fort, , ...