このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]

ユニフランス (企業の)

19 1月 2008 へ 12:30

ユニフランス“パリ・ランデヴー”結果報告

1月11日から14日まで Rendez-vous with French Cinema in Paris の一環として、72名のアーティストと29つの国から参加した131名のジャーナリストが集まった。

世界中でこれから封切られるフランス映画57作品に対して800にも及ぶインタビューが行われました。開催期間中には500以上の配給会社が34の映画輸出業者から、最新フランス映画作品を購入したり、71の上映会には2754名以上の来場がありました。2007年3040名の来場があった時に比べると少し数は減ったものの、2006年度の2859名にほぼ近い結果を残す事が出来ました。昨年の77回に及ぶ上映と比較してみると、引けをとらない良い結果になりました。1つの上映に対しての標準入場者数は39名でした。(昨年は40名)特に人気のあった作品はOff and Running (土曜17時/130名) Female Agents (土曜11時/115名) Merry Widow (金曜11時/ 97名)の3作品でした。

第10回パリ・ランデヴーを終え、売買の成立したいくつかの作品を含め、このイベントに対するプロの方々の興味の深さを再確認しました。ベルリン映画祭を迎えるまで交渉は続きそうです。

Author : 広報部

最終更新日 : 03 4月 2015 へ 12:30 CEST

Photos (10)

Linked to this news article

Linked films (3)

Linked individuals (70)

Linked events (1)

media

Rendez-vous with French Cinema in Paris - 2008

タイプ別検索 : 国際見本市

テーマ : フランス映画