このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Claude Autant-Lara
media

Claude Autant-Lara

05 8月 1903 - 05 2月 2000

俳優, 監督, 監督補佐, Adaptation, プロデューサー, 原作者, シナリオライター, 編集担当, 装飾, Costume designer, 美術部長

    プロフィール

    1901生まれのクロード・オータン・ララは、高校生ですでに映画に情熱を傾ける。パリの装飾美術国立高等学校を卒業した後、 ルノアール、レーマン、レビエとともに劇場や映画で装飾美術を担当。初の短編映画『 Faits-Divers』は、母親を描いたもの。異彩を放つ監督で新手法をふんだんに採り入れたクロード・オータン・ララのデビューは決してたやすいものではなかった。『Le Mariage de Chiffon』および『Sylvie et le Fantôme(シルビーと幽霊)』では女優オデット・ジョワイエが成功をつかんだ。1945年、『Le Diable au Corps(肉体の悪魔) <()/i>』をミシュリーヌ・プレールおよびジェラール・フィリップとの共同制作で発表。不道徳と評されたこの映 画は、大衆と評論家に大きな衝撃を与える。2人の愛人を描いたこの映画は、当時の若い世代を反映するものとされ、オータン・ララは非遵法で挑発的な監督と のレッテルを貼られる。1951年『La Traversée de Paris(パリ横断)』で当時最も有名な俳優であったギャバン、ブールヴィル、フュネスを起用し、大成功を収める。批評家らによってカイエ・デュ・シネマが呼び起こしたヌーヴェルヴァーグは、オータン・ララを絶賛。オータン・ララは、1970年代まで映画を作り続け、その後執筆活動に専念した。

    Filmography (61)

    Sorry, your search returned no results.

    Show more

    Show less

    Videos

    25/09/2012

    What's new in 2012

    Trailer MyFrenchFilmFestival.com 2012

    ポートレート (5)