このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Pierre Trividic - © Ex Nihilo
media - © Comme au Cinéma

Pierre Trividic

俳優, 監督, シナリオライター

代表: : Hapax

エージェント : Danièle d'Antoni

    プロフィール

    Pierre Trividicは法律と芸術歴史を学び、l'IDHEC (1980-1986)に入る、そしてPascale Ferranと出会う。シナリストとして短編映画を共同制作、その後「Petits Arrangements avec les morts」、素晴らしい初の長編映画制作1994年。1998年Chéreau監督「Ceux qui m'aiment prendront le train」スクリプト共著、 Ferranと再会し 「Lady Chatterley」を書く、(セザール脚本賞受賞 2007)。80年代Pierre Trividicは彼自身監督となる。イメージビデオに感心を持ち、Jean-Christophe Avertyと共に、数年間SFPで仕事をする、「La Difference entre l'amour」 (1991)短編映画製作。

    90 年代中頃からPierre TrividicはPatrick Mario Bernardと共に映画的オリジナル世界を創る。SFサイエンスフィクションのマスターについてのドキュメンタリー 「HP Lovecraft」を制作後、このカップルは自らの生活を中編「Ceci est une pipe」セックスに関する邪魔な考え方を映像にする。Mario Bernard と Trividicは初の妙な長編映画「Dancing」(Xavier Brillat共に監督)で自作自演、家庭ムービーで制作、 2003年批評家より好評。続編「L'Autre」は冷たい夜の映画、'Annie Ernauxからのインスピレーションで制作した物語、病的ジェラシーの女性(Dominique Blanc演じ、ヴェネツィア映画祭主演女優賞獲得 2008)、不安社会の人々を表現する。

    Filmography (7)

    ポートレート