このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Mélanie Doutey - ©  Jean-Marie Leroy
media

Mélanie Doutey

俳優, Director, Screenwriter

代表: : Ubba

エージェント : Céline Kamina

    プロフィール

    Mélanie DouteyはAlain Doutey とArielle Séménoffの娘。

    俳優の家族で育ち、 Périmony演劇学校で学び、2000年Jean-Charles Tacchella監督のコメディドラマティックLes Gens qui s'aimentでデビュー。更にパリのフランス国立高等演劇学校 (Conservatoire National d'Art Dramatique)で学ぶ。「Frère du guerrier」(2002)でGuillaume Canet とVincent Lindonと共演。徐々にスターへの階段を上りGabriel Axel監督の「Leïla」で主演。

    Claude Chabrol監督は彼女の愛らしい顔に魅了され、「Fleur du mal」(2003)で純情な少女Michèle役を与える。彼女の恋人であり俳優のGilles Lelloucheは「Narco」(2004)、「On va s'aimer」(2006)、「Ma place au soleil」(2007)と「Une petite zone de turbulences」(2010)を共演、彼女が本当に有名になるのは、テレビ 映画のClara Sheller(30歳代で理想の男性を捜す女性)役からである。しばらくの間、スペインでMiguel Courtois監督のスリラー「El Lobo」に出演した。Alfred de Mussetの作品からインスピレーションを受け、時代映画「Il ne faut jurer de rien !」に出演し、貴族Cécile役で2006年2度目のセザール有望若手女優賞を受ける。2003年同カテゴリーで既に「Le Frère du guerrier」で受賞している。

    Mélanie Douteyはスリラー映画「Fair Play」(2006)、「Président」(同年)のポスターに出る。その後コメディーに戻り、Jean-Paul RouveとKad Meradと「Ce soir, je dors chez toi」(2007)で共演。「RTT」2009年に再度Kad Meradと共演。同年Maïwenn監督の「Bal des actrices」で有名な女優の中に名を乗せる。Mathias Gokalp監督の初長編映画「Rien de personnel」では会社員役の味を出している。

    Filmography (26)

    ポートレート (2)

    Photos (8)