このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Géraldine Nakache
media

Géraldine Nakache

俳優, Director, Screenwriter, あてレコ, Participant

代表: : Adéquat

エージェント : Grégory Weill

    プロフィール

    Olivier Nakacheの姉妹.

    Géraldine NakacheはDEUG (大学一般教育課程修了証)映画専攻を卒業後、「Canal +」テレビチャネルで働き始める。内容は番組のキャスティング「Guignols de l'info」(ニュースの操り人形)フィクション助監督。2000年、「Comédie」チャネルに移動しアシスタントプロデューサーとラインプロ デューサーとなる。2003年から2005年まで、テレビ番組のパロディ「Starloose Academy」と「La Télooose」に自作自演。

    Géraldine Nakacheは映画女優として、Lisa Azuelos監督のコメディ映画「Comme t'y es belle !」(2006)から始まる。Michèle Laroque、Aure AtikaとValérie Benguiguiと3人の女優と共演し愛の失望を共有する。「Kaamelott」シリーズへの参加の為、再びテレビ界に戻るが、すぐに2008年 「Tu peux garder un secret ?」で映画界に戻る。その後、3つの喜劇で脇役を演じる:「Jusqu'à toi」 (2008)、フランス/カナダ喜劇Mélanie Laurentと共演、彼女の弟であり監督でもあるOlivier NakacheとEric Toledanoとの共同監督の作品「Tellement proches」 (2008)、最後はKad MeradのRTT (有給休暇) の災難の物語に参加(2009)。

    2010年、Géraldine Nakacheはコメディ映画「Tout ce qui brille」で監督の才能を証明することになる、アルプデュエズ映画祭では偉大な印象を与え、大衆間で大流行する。この映画ではパリ郊外に住む若い女性 達の激動と友情を描く、Géraldine NakacheはLeïla BekhtiとAudrey Lamyと共演。「Coursier」ではMichaël Younのガールフレンド役、Anne Depetrini監督の「Il reste du jambon ?」では友人であり女優のLeïla Bekhtiと再会。

    Filmography (22)

    ポートレート (5)

    Photos (14)