このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
他人のそら似

他人のそら似

A 長編映画 by Michel Blanc

Produced by Gaumont

Release in France : 18/05/1994

    あらすじ

    人気俳優で監督のミシェ ル・ブラン(本人)の周りで、最近奇妙な出来事が続いていた。行きつけのバーで門前払いを食わされたり、見知らぬ男から親しげに話かけられたり、シャル ロット・ゲンズブール(本人)やマチルダ・メイ(本人)とのデートの時でも、話がかみ合わない。ある晩、いきなり警察に連行された彼は、20年来の女友達 を無理やりファックしたかどで訴えられたことを知り、その女性から殴りかかられる。その晩一緒にいた女優のキャロル・ブーケ(本人)がアリバイを証明して 釈放された。心配するキャロルと共に精神分析医を訪ねると、田舎でゆっくり静養しろと言われ、彼女は嫌がるブランを自分の別荘に連れて行く。そこで“ミ シェル・ブラン来店”との新聞広告を見た彼は、自分と瓜二つの偽者がいることを知る。そいつを捕まえて懲らしめるべく、彼らは問題のスーパー・マーケット へ向かった。偽者の無様なパフォーマンスに憮然とするブランは裏口で待ち伏せするが、すんでのところで逃げられてしまう。偽者が落とした手帳から彼の故郷 を訪れた2人は、そこで偽者がパトリック(ミシェル・ブラン二役)という名であること、故郷の人々や家族をも騙していることを知る。彼はパトリックの母親 に息子と間違われ、ミシェル・ブランとして成功したパトリック・オリヴィエを演じるはめになる。さらにキャロルが隣人から寝たきりの息子にひと目会って やってくれと懇願され、不憫に思った彼女が会うと男は立ち上がり、そのうえ勃起までしてしまった。母親の家を後にしてから、キャロルはささいなことで喧嘩 してブランを車から降ろす。しかし、思い直した彼女は引き返してブランを乗せたが、偽者を乗せたことに気づく。彼女はピストルで脅し、今後絶対にミシェ ル・ブランを名乗らせないよう約束させる。だがパトリックはブランの前に現れ「テレビなど嫌な仕事は俺が引き受ける」と、二人一役を演じる話を持ちかけ る。ブランは承知してバカンスを満喫したが、彼が帰ってくるとパトリックはすっかり彼になりすましていた。偽者として追い出されたブランは「ミシェル・ブ ラン」の評判を落とすべく、宝石店で人質をとって立てこもった。よもや彼が本物とは知らぬキャロルが説得に現れ、逮捕された彼は刑務所に送られる。出所し た彼は、そっくりさんタレントとして芸能事務所を訪ねる。そこで彼は、フィリップ・ノワレそっくりの男(本人)から、実は私も君と同じ境遇だと打ち明けら れる。ノワレはフランス映画の現状を嘆いた。ブランは彼とコンビで地方巡業に回ることにした。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (63)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Gaumont

    Film exports/foreign sales :

    Gaumont

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (18)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (26)

    製作代表 :

    Patrice Ledoux

    Adapter/dialogue writer :

    Michel Blanc

    原案 :

    Bertrand Blier

    フォトディレクター :

    Eduardo Serra

    Sound assistants :

    Jacques Ballay, Xavier Griette

    撮影技師 :

    Pascal Ridao

    報道担当(映画) :

    Dominique Segall, Myriam Bruguière

    音声編集担当 :

    Jean Gargonne

    スクリプト :

    Patrick Aubrée

    作曲家 :

    René-Marc Bini

    キャスティング :

    Françoise Menidrey

    デジタル映像効果 :

    Pitof

    スチールマン :

    Jérôme Prebois

    Assistant directors :

    Thierry Mauvoisin, Isabelle Tillou, Christophe Vassort

    プロデューサー :

    Daniel Toscan du Plantier

    シナリオライター :

    Michel Blanc

    録音技師 :

    Pierre Befve

    撮影技師アシスタント :

    Nicolas Herdt

    製作部長 :

    Jérôme Chalou

    Editors :

    Maryline Montieux, Maryline Monthieux

    Assistant editor :

    Valérie Pasteau

    装飾 :

    Carlos Conti

    スタントマン :

    Daniel Vérité

    Costume designer :

    Élisabeth Tavernier

    Sound mixers :

    Dominique Hennequin, Joël Rangon

    Location manager :

    Christine de Jekel

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    シネマ

    言語 :

    フランス語, 英語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1994

    フランス公開 :

    18/05/1994

    上映時間 :

    1 時間 27 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    82.266

    ビザ発行日 :

    23/03/1994

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    ドルビー

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (3)

    受賞

    Cannes International Film Festival - 1994

    Cannes International Film Festival (フランス, 1994)

    賞 (2)

    Grand Prize from the Commission Supérieure Technique

    Best Screenplay Award : Michel Blanc