このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
野性の少年

野性の少年

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Les Films du Carrosse, Les Artistes Associés

Release in France : 26/02/1970

    あらすじ

    フランス中部の森林地帯アベイロンで、獣の習性をもった、野性の少年が捕えられた。百姓たちはその処置にこまったが、ひとり、レミー老人(P・ビ レ)だけが、この野性児に愛情ある接し方をした。やがて、少年はパリの研究所に、研究のため引き取られた。そこのイタール博士(F・トリュフォ)と上役の ピネル教授(J・ダステ)が少年を検査した結果、彼は赤ん坊の時、両親に喉を切られ、死んだと思って森に捨てられた、ということになった。この傷によっ て、少年は十二歳位だと判断された。少年は世間の関心を集め、見世物にされたり、悪戯されたりした。その興味が薄れた時、少年はもっと悲惨に扱われた。こ れをみかねたイタールは、少年の薄弱的症状は、人間文化の不足によるものだとして、自分の家に引き取って、自説を証明しようとした。ビクトル(J・P・カ ルゴル)と名づけられた少年は、その日から、人間になるための困難な道を歩みはじめた。イタールはその過程を、刻明に記録していった。それは人間味あふれ る闘いであり、感情のコミニュケーションであった。家政婦のゲラン夫人(F・セニエ)も、やさしい心で少年に接し、協力した。少年の感性は、目覚めつつ あった。初めて涙をながし、初めて「ミルク」と言った。そして、不当に罰せられると、反抗するようになった。これは大きな進歩であった。イタールは喜びの あまり叫んだ。「君はもう人間だ」。しかし、イタールにも失意の日はあった。絶望的になり、自分のしていることの意味がわからなくなることもあった。そし て、ついにある日、ビクトルが逃亡した。だが、人間的感情を身につけてしまった少年には、一人ぼっちで自然にいることは耐えられなかった。みじめな様子で もどってきた少年を見て、イタールは自分の行ってきたことの成果をこんどこそ確信した。その時から、また彼とピクトルの新たなる勉強が、始まったのだっ た。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Watch 野性の少年 in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (21)

    映画製作・配給会社 (3)

    Film exports/foreign sales :

    mk2 films

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (5)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日Titre local

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (13)

    クレジットタイトル詳細 (14)

    Assistant director :

    Suzanne Schiffman

    録音技師 :

    René Levert

    フォトディレクター :

    Nestor Almendros

    Production managers :

    Marcel Berbert, Claude Miller, Roland Thénot

    編集アシスタント :

    Yann Dedet

    作曲家 :

    Antoine Duhamel

    サウンド・ミキサー :

    Alex Pront

    原作者 :

    Jean Itard

    Screenwriters :

    François Truffaut, Jean Gruault

    撮影技師アシスタント :

    Philippe Théaudière

    Editor :

    Agnés Guillemot

    スクリプト :

    Christine Pellé

    Costume designer :

    Gitt Magrini

    スチールマン :

    Pierre Zucca

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    子供時代, 田園地帯

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1970

    フランス公開 :

    26/02/1970

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    30081

    ビザ発行日 :

    13/02/1970

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (7)

    監督

    ニュース

    映画祭でのセレクション (2)

    受賞

    French Syndicate of Cinema Critics - 1970

    French Syndicate of Cinema Critics (1970)

    French Syndicate of Cinema Critics Price