このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
めぐり逢ったが運のつき

めぐり逢ったが運のつき

A 長編映画 by Pierre Salvadori

Produced by Les Films Pelléas

Release in France : 18/08/1993

    あらすじ

    ヴィ クトル・メナール(ジャン・ロシュフォール)は厳格な母(パタシュウ)から、父の遺志を継ぎ、殺し屋の家系に恥じない名誉ある実績を残すよう命じられてい た。揺るぎない意思と行動力、そして芸術的なテクニックを誇る彼の仕事は無駄がない。彼はある時、殺しの現場を偶然見てしまった若者アントワーヌ(ギョー ム・ドパルデュー)を自分の後継者にしようと、自身の哲学も含めて手取り足取り教えるが、新米のアントワーヌはまったく要領を得ない。そんな時、新たな仕 事の依頼が舞い込み、ヴィクトルはアントワーヌを伴って次なる標的、美貌の女詐欺師ルネ(マリー・トランティニャン)に忍び寄る。ところがなぜか、うまく 仕留めることができず、話を聞いた母親は息子のかつてない半端な仕事ぶりにを業を煮やし、失地同復のため無報酬で計画を遂行することを命じる。かくて再 び、ヴィクトルはルネの命を狙うが、些細な行き違いが生じ、殺し屋がヴィクトルだとは知らない彼女からボディガードを頼まれる羽目に。悪びれず手当たり次 第に欲しいものは自分のものにして周囲を自分のペースに巻き込むルネと、大人になりきっていない無邪気なアントワーヌの存在が、ヴィクトルの規則正しい生 活をかき乱していく。一方、暗殺の依頼主は、新たに殺し屋を雇い、ルネを亡き者にしようとしていた。ヴィクトルが2人を連れて引きこもった彼の邸宅に現わ れたのは、ヴィクトルが断った仕事を主に請け負う二流の殺し屋だった。母親も合めて全員、絶体絶命の危機。だが、殺し屋がヴィクトルの父の形見の古い拳銃 を撃った途端、銃は暴発。アントワーヌも初めて殺し屋の才能を発揮する。ヴィクトルはルネと結婚し、2人の間には殺し屋の素質があるらしい子供も生まれ た。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (16)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films Pelléas

    Film exports/foreign sales :

    The Bureau Sales

    Co-productions :

    M6 Films, Locofilms, France 2 Cinéma

    フランス国内配給 :

    AFMD

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (5)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (20)

    製作代表 :

    Philippe Martin

    シナリオライター :

    Pierre Salvadori

    フォトディレクター :

    Gilles Henry

    撮影技師アシスタント :

    Anne Nicolet, Catherine Pujol, Thierry Pouget, Marc Tévanian

    製作部長 :

    Patrice Arrat

    音声編集担当 :

    Boris Viard

    スクリプト :

    Hélène Sebillotte

    作曲家 :

    Philippe Eidel

    Costume designer :

    Valérie Pozzo di Borgo

    スチールマン :

    Loïc Marec, Tadeusz Paczula

    Assistant directors :

    Renaud Fély, Marie-Jeanne Pascal

    共同製作 :

    Gérard Louvin

    録音技師 :

    Nicolas Naegelen

    撮影技師 :

    Thierry Jault

    Editor :

    Hélène Viard

    Assistant editors :

    Stéphanie Araud, Isabelle Martin

    装飾 :

    Yan Arlaud

    Foley artists :

    Gadou Naudin, Julien Naudin

    サウンド・ミキサー :

    Paul Bertault

    演出助手 :

    Patrice Arrat

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー, 推理

    テーマ :

    殺人

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1993

    フランス公開 :

    18/08/1993

    上映時間 :

    1 時間 27 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    79.506

    ビザ発行日 :

    16/06/1993

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション