このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ひとりぼっちの狩人たち

ひとりぼっちの狩人たち

A 長編映画 by Bertrand Tavernier

Produced by Little Bear, Hachette Première et Cie

Release in France : 08/03/1995

    あらすじ

    18歳のナタリー(マリー・ジラン)は二流のブティックでマヌカンをしながら、映画女優になりたくて金持ちで影響力のある男たちのいるパーティーや カフェに出入りして媚を売っている。同棲している恋人のエリック(オリヴィエ・シトリュック)は定職につかない放蕩息子。同居人のブルーノ(ブルーノ・ ピュツリュ)は孤児でエリックの腰巾着的な存在だ。だらしのないエリックはアメリカでなら高級ブティックを開いて簡単にひと旗上げられるといい、その費用 集めにマリーの男人脈を使うことを思いつく。マリーに欲望を抱く中年の金持ちの家に、マリーに手引きさせて押し入ろうというのだ。ナタリーのアドレス帳か ら物色した最初の標的は弁護士のアントワーヌ(フィリップ・デュクロ)。男に電話してデートに誘い、計画通りなんとか彼の高級アパートで二人きりになり、 そこでエリックとブルーノが侵入できるよう鍵を開けておく。そして二人が押し入り、共犯を隠すためマリーを縛って別室に連れていき、男を脅して金を出させ る。だが今時の金持ちがそうそう現金をたくさん家に置いているはずがなく、ブルーノが弁護士を射殺する。それを別室で聞いているマリー。実入りは予定より もずっと少なかったが、幸い警察もよもや自分たち素人が犯人とは思っていない様子で、男二人は今度こそとまたしても強盗を計画する。標的は実業家のアラ ン・ペレズ(リシャール・ベリ)。その自宅も最新のビデオ・プロジェクターまである豪勢なものだったが、彼は事業に失敗し、すべてが差し押さえ直前だっ た。殺すのは今度はエリックの番だが、同じユダヤ人を殺せるのか、と迫られて迷い、最後には半ば錯乱して相手をナイフで滅多刺しにする。警察の捜査は確実 に進んでいた。ある朝マリーは事情聴取に呼び出される。証拠はすべてそろっていた。マリーの自白で、警察がアパートのエリックとブルーノを急襲する。すべ てを自白したマリーは、無邪気な顔で「さあ、全部話したわ。いつ帰っていいの?」と聞く。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (27)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Little Bear, Hachette Première et Cie

    Film exports/foreign sales :

    FTD International Cinéma

    Co-productions :

    M6 Films, France 2 Cinéma

    フランス国内配給 :

    Bac Films Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (26)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    21 years after receiving the Silver Bear for his first film "L'horloger de Saint-Paul", Bertrand Tavenier won the Golden Bear in February 1995 for "The bait". This prize is a lucky charm for a director who has named his production company "Little Bear" and who has often heard people liken him to that same animal !

    クレジットタイトル詳細 (22)

    製作代表 :

    René Cleitman, Frédéric Bourboulon

    原作者 :

    Morgan Sportes

    共同製作 :

    Bertrand Tavernier

    Sound recordists :

    Michel Desrois, Gérard Lamps

    撮影技師アシスタント :

    Didier Frémont, Myriam Vinocour

    報道担当(映画) :

    Eva Simonet

    Sound editor :

    Khadicha Bariha-Simsolo

    スクリプト :

    Zoé Zurstrassen

    作曲家 :

    Philippe Haïm

    Costume designer :

    Marpessa Djian

    サウンド・ミキサー :

    Gérard Lamps

    Assistant directors :

    Emmanuel Finkiel, Julie Bertuccelli

    Screenwriters :

    Colo Tavernier O'Hagan, Bertrand Tavernier

    フォトディレクター :

    Alain Choquart

    音声アシスタント :

    Jean-Michel Chauvet

    製作部長 :

    Yvon Crenn

    Editor :

    Luce Grünenwaldt

    Assistant editor :

    Laure Blancherie

    装飾 :

    Emile Ghigo

    Foley artist :

    Jean-Pierre Lelong

    フランスの配給会社 :

    Jean Labadie

    スチールマン :

    Jérémie Nassif

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    軽犯罪, 思春期, 殺人

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1995

    フランス公開 :

    08/03/1995

    上映時間 :

    1 時間 55 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    84.932

    ビザ発行日 :

    02/03/1995

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビー