このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
女鹿

女鹿

A 長編映画 by Claude Chabrol

Produced by Les Films La Boëtie

Release in France : 22/03/1968

    あらすじ

    父の莫大な遺産で気ままな一人暮しをしているフレデリーク(S・オードラン)は、晩秋のパリの街角で貧しい画家志望の娘ホワイ(J・ササール)を拾ってきた。ホワイにとって貧乏暮しはもうあきあき。フレデリークの好意に甘え、女二人の奇妙な同居生活が始まった。二人の性格は、まったく異なる。気が強く派手好きなフレデリークに対し、ホワイの方は、これまで貧乏に耐えてきたせいか、何事に対しても、あきらめの念と劣等感が強く、いつも物静かに振舞う娘だった。ある日、フレデリークはホワイを連れてサン・トロペの別荘に出かけた。そこでのパーティの夜、ホワイは客として来ていた建築家のポール(J・L・トランティニャン)に心を惹かれ、誘われるままに散歩に出た。これをみていたのがフレデリーク。急に嫉妬の念を覚え、翌日、ポールの仕事場を訪ねて彼を誘惑した。こんな二人の関係を、ホワイが気づかぬはずはない。だが彼女は耐えた。耐えることに、自分は慣れている……。やがてポールも別荘に住むようになった。彼を本当に愛していると告白するフレデリーク。恨んではいないというホワイ。だが彼女は、今でもポールを慕っていたし、姉のようなフレデリークに対してもある種の愛情を感じていた。だがポールとフレデリークの二人は、彼女をおいて、パリに帰っていった。ホワイは後を追った。再び帰らないつもりで……。突然現われたホワイをみて、フレデリークは彼女の髪を愛撫しながら言う--私たちは何もかも似すぎている。だから二人ともポールを愛したんだわ。その時、フレデリークの身体がくずれ、彼女の背中には鋭いナイフが。そこへ電話のベル。ポールからだ。フレデリークになりすましたホワイは、彼女と全くよく似た声で彼を夕食に誘うのだった。

    Source : movie.walkerplus.com

    Watch 女鹿 in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (8)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films La Boëtie

    Film exports/foreign sales :

    Artedis

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    ポール・ジェゴフとクロード・シャブロールの脚本を、「殺意」のクロード・シャブロルが監督したサスペンス・タッチの女性もの。撮影は「殺意」のジャン・ラビエ、音楽も「殺意」のコンビ、ピエール・ジャンセンが担当した。出演は「恋びと」のジャン・ルイ・トランティニャン、「できごと」のジャクリーヌ・ササール、「殺意」のステファーヌ・オードランほか。製作はアンドレ・ジェノーヴェ。

    Source : movie.walkerplus.com

    クレジットタイトル詳細 (14)

    プロデューサー :

    André Genoves

    Screenwriters :

    Claude Chabrol, Paul Gegauff

    音声アシスタント :

    Gérard Dacquay

    撮影技師 :

    Claude Zidi

    編集担当 :

    Jacques Gaillard

    作曲家 :

    Pierre Jansen

    スチールマン :

    Helga Romanoff

    録音技師 :

    Guy Chichignoud

    フォトディレクター :

    Jean Rabier

    撮影技師アシスタント :

    Paul Bonis, Janine Rabier

    製作部長 :

    Georges Casati

    スクリプト :

    Aurore Chabrol

    Costume designer :

    Maurice Albray

    演出助手 :

    Patrick Delauneux

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1968

    フランス公開 :

    22/03/1968

    上映時間 :

    1 時間 39 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    33659

    ビザ発行日 :

    13/03/1990

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル