このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
海辺のポーリーヌ

海辺のポーリーヌ

A 長編映画 by Éric Rohmer

Produced by Les Films du Losange, Les Films Ariane

Release in France : 23/03/1983

    あらすじ

    ノルマンディーの避暑地の夏。15歳のポーリーヌ(アマンダ・ラングレ)は、年長の従姉マリオン(アリエル・ドンバール)とともに、夏の終わりのひととき を海辺の別荘で過ごそうとやって来た。ファッション・デザイナーで、離婚の経験もあるマリオンに早速、恋の話をきくポーリーヌ。海辺に出かけた二人は、昔 マリオンのボーイフレンドだったピエール(パスカル・グレゴリー)に出会った。彼は純情な好青年だが、いまだに学生を続け、そしていまだにマリオンに恋し ていた。ピエールの知りあいで南の島の民族学者というふれこみのアンリ(フェオドール・アトキン)を、ピエールはマリオンたちに紹介した。その夜、アンリ の別荘で過ごすことになった四人は、めいめい恋愛について語った。情熱的な恋愛に憧れるマリオンは、その日のうちにアンリに恋してしまい、朝まで二人で過 ごすことになる。翌日、海辺でウィンド・サーフィンに興じる少年シルヴァン(シモン・ド・ラ・ブロス)と知り合いになったポーリーヌはアンリの別荘でいっ しょに踊り、二人の仲は接近する。一方、プレーボーイのアンリは、マリオンが自分に夢中になっているのを知りながら、キャンディ売りの娘ルイゼット(ロ ゼット)を部屋に誘ったりしていた。マリオンがいないのをさいわい、ルイゼットと部屋で戯れている姿をピエールが目撃。戻って来たマリオンに、アンリは、 ルイゼットと部屋にいたのはシルヴァンだと嘘をつく。ピエールが、目撃したことをマリオンに言っても彼女は信じない。シルヴァンに欺かれたと信じ悲しむ ポーリーヌを慰めるマリオン。パリに用事ができたマリオンは、一時別荘を離れるが、急いで戻ってくると、アンリがスペインへ旅立ってしまっていた。ショッ クを受けるマリオン。パリに引き上げることにしたポーリーヌとマリオンは、複雑な気持ちで別荘を後にするのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Watch 海辺のポーリーヌ in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    Videos

    20/11/2014

    海辺のポーリーヌ

    French trailer

    俳優 (7)

    映画製作・配給会社 (3)

    Film exports/foreign sales :

    Les Films du Losange

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (4)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日Titre local

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    夏のノルマンディーの海辺を舞台に、15歳の少女ポーリーヌが体験する数日間の恋愛騒動を描く。製作はマルガレット・メネゴス、監督・脚本は“Le Beau Mariage”等のエリック・ロメールでこれが彼の日本初登場にあたる。撮影はネストール・アルメンドロス、音楽はジャン・ルイ・ヴァレロ、編集はセシル・ドキュジスが担当。出演はアマンダ・ラングレ、アリエル・ドンバールなど。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Photos (6)

    クレジットタイトル詳細 (10)

    製作代表 :

    Margaret Menegoz

    シナリオライター :

    Éric Rohmer

    音声アシスタント :

    Gérard Lecas

    Editor :

    Cécile Decugis

    サウンド・ミキサー :

    Dominique Hennequin

    録音技師 :

    Georges Prat

    フォトディレクター :

    Nestor Almendros

    撮影技師アシスタント :

    Florent Bazin

    作曲家 :

    Jean-Louis Valero

    演出助手 :

    Hervé Grandsart

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    センチメンタルコメディ

    テーマ :

    海, 思春期

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1982

    フランス公開 :

    23/03/1983

    上映時間 :

    1 時間 34 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    56163

    ビザ発行日 :

    18/02/1983

    CNC助成 :

    はい

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.33

    Audio format :

    モノラル

    Posters (5)

    監督

    ニュース

    映画祭でのセレクション (8)

    受賞 (2)

    French Syndicate of Cinema Critics - 1983

    French Syndicate of Cinema Critics (1983)

    French Syndicate of Cinema Critics Price

    Berlin International Film Festival - 1983

    Berlin International Film Festival (ドイツ, 1983)

    賞 (3)

    Silver Bear for Best Director : Éric Rohmer

    国際批評家連盟(フィプレシ)賞

    OCIC Award - Recommendation