このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

リュミエールの子供たち

A 長編映画 by Pierre Philippe

Produced by Galatée Films

Release in France : 21/06/1995

    あらすじ

    1895年の“映画誕生”(リュミエール兄弟のシネマトグラフの発表と公開上映)の100周年を祝い、 過去一世紀に作られたフランス映画の代表作のべ307本から名場面を抜粋して作られたアンソロジー。監督は「めぐり逢う朝」のアラン・コルノー、「愛を弾 く女」「夕なぎ」のクロード・ソーテ、「オディールの夏」「死への逃避行」のクロード・ミレールら現代フランス映画を代表する現役のベテラン監督3人に加 え、テレビ・ジャーナリストのピエール・ビヤール、『ル・モンド』紙の映画担当オリヴィエ・バロ、テレビの映画番組のディレクター、ジャン・クロード・ロ メール、そしてゴーモン・シネマテークのディレクターで無声映画復元の分野でフランスの第一人者としてマルセル・レルビエの「エル・ドラドオ」、ルイ・フ イヤードの「ファントマ」「吸血ギャング団」「ジュデックス」などを復元したピエール・フィリップ、映画助監督のクリストフ・バラティエの合計9名。製作 は「ロシュフォールの恋人たち」「ニュー・シネマ・パラダイス」の二枚目スターでコスタ・ガブラスの「Z」以来、プロデューサーとしても活躍が目ざましい ジャック・ペラン。音楽は「シェルブールの雨傘」で知られる、「プレタポルテ」を手掛けたジャズと映画音楽の巨匠ミシェル・ルグラン。編集はイヴ・デシャ ン。音声はポール・ベルトー、編集イヴ・デシャンがそれぞれ担当。世界最初の映画スターと言われるパテ社のコメディのマックス・ランデールに始まり、アル レッティ、ジャン・ギャバン、アラン・ドロン、イヴ・モンタンら日本のファンにも馴染み深い大物からイレーネ・ジャコブ、ヴァネッサ・パラディらまでの古 今の大スターに、ミシェル・シモン、ジャン=ルイ・バロー、ピエール・ルノワール、フランソワーズ・ロゼー、マルセル・ダリオ、ルイ・ジューヴェなどの名 優たち、それに劇映画監督を世界で最初に名乗ったアリス・ギー・ブラシェに20世紀フランス映画・演劇界最大の巨人サッシャ・ギトリー、ジャン・ルノワー ルやフランソワ・トリュフォーなどの偉大な映画作家たちが次々と登場する賑やかさはまさに、映画100周年のお祝いにふさわしい。100年の記念とはいう ものの構成は年代順ではなく、エンタテインメント志向で「歌」「ギャグ」「キス」といったコーナーや「レ・ミゼラブル」の6度にわたる映画化をまとめて見 せるなどなど、テーマに沿って時代を自在に横断する編集が行われている。また「天井桟敷の人々」などの名作のアウトテイクやメイキング映像を見てくれるの は貴重。

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Galatée Films

    Film exports/foreign sales :

    FTD International Cinéma

    Co-productions :

    France 2 Cinéma, Expand Images

    フランス国内配給 :

    Steward

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    "... Technically, this what is known as a compilation film. The term is a little frightening because one immediately thinks of anthologies, selected extracts and catalogues. Well, here, a miracle has occured. This is a true film made up of 300 other films... A genuinely homogenous film ; a puzzle, true, but one whose edges are made indistinguishable by smooth editing, subtle cuts and loose construction. One sees only a single film telling a true story, that of French cinema. A story that, like all good stories, amuses us, moves us, keep us on tenterhooks...and leaves us asking for more. Because it all ends too soon. It's an exhilarating film..."

    (Marie-Claude Arbaudie - Le Film Français)

    クレジットタイトル詳細 (6)

    製作代表 :

    Jacques Perrin

    録音技師 :

    Paul Bertault

    編集担当 :

    Yves Deschamps

    エグゼクティブプロデューサー :

    Bernard Lorain

    報道担当(映画) :

    Eva Simonet

    作曲家 :

    Michel Legrand

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    テーマ :

    表示する, シネマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1995

    フランス公開 :

    21/06/1995

    上映時間 :

    1 時間 49 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    83.942

    ビザ発行日 :

    10/05/1995

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66