このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
肉体の冠

肉体の冠

A 長編映画 by Jacques Becker

Produced by Paris Film Production, Speva Films

Release in France : 13/03/1952

    あらすじ

    一八九八年の秋。パリのやくざものルカ(クロード・ドーファン)一味は、日曜日の行楽にそれぞれ情婦をつれてマルヌ河で舟遊びした。女たちのなかで、マリ イ(シモーヌ・シニョレ)は鮮かなブロンドの髪を兜型に結い、目立って美しい存在だったが、彼女は情夫ローランとの仲がまずいものになっていた。マリイは ローランへの厭がらせに、休憩した掛茶屋で働いていた大工のマンダ(セルジュ・レジアニ)を誘い、殊更親しそうにふるまったので、ローランはマンダに喧嘩 を吹きかけた。だがマンダは彼を殴り倒して去って行った。親分のルカは内心マリイに気があったが、彼女の心がローランを去ったと知って、翌日の夜、彼女を 一味の溜り場『アンジュ・ガブリエル』の酒場に誘った。そこへマリイの呼んだマンダが現れた。マンダとローランは成行き上、酒場の裏で決闘することにな り、死闘の未、マンダはローランを殺してしまった。マリイは黙ってその場を立去り、翌日手紙でマンダをジョワンヴィルの一軒家に呼びよせた。数日、二人は そこで恋の歓びに身を任せたが、その間に、ローラン殺害事件を知った警察はマンダの行方を追究していた。ルカはマンダをおびき出すため、マンダの親友レエ モンを犯人だと密告して捕えさせた。案の定マンダは自首して出たが、ルカの計略であると知って怒り、警察から監獄へ移される護送車の中から競走、警官隊の 目の前でルカを射殺した。マンダは死刑を宣告された。運命の日、断頭台のマンダを、マリイはうつろな眼でじっとみつめていた。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Watch 肉体の冠 in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (40)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Paris Film Production, Speva Films

    フランス国内配給 :

    Discina

    Film exports/foreign sales :

    Les Acacias

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (7)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日Titre local

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (18)

    Assistant directors :

    Alain Jessua, Marcel Camus, Michel Clément

    せりふ作者 :

    Jacques Becker

    録音技師 :

    Antoine Petitjean

    フォトディレクター :

    Robert Lefebvre

    撮影技師 :

    Jean-Marie Maillols

    Editor :

    Marguerite Houllé-Renoir

    スクリプト :

    Colette Crochot

    美術装飾 :

    Jean D'eaubonne

    メイク :

    Alex Archambault

    Adaptation :

    Jacques Becker

    Producers :

    Raymond Hakim, Robert Hakim, André Paulvé

    Screenwriters :

    Jacques Companeez, Jacques Becker

    撮影技師アシスタント :

    Gaston Muller, Gilbert Sarthre

    製作部長 :

    Henri Baum

    製作アシスタント :

    Ully Pickardt

    作曲家 :

    Georges Van Parys

    Costume designer :

    Georgette Fillon

    演出助手 :

    Louis Théron

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1952

    フランス公開 :

    13/03/1952

    上映時間 :

    1 時間 36 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    8542

    ビザ発行日 :

    06/03/1952

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル