このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ネネッとボニ

ネネッとボニ

A 長編映画 by Claire Denis

Produced by Dacia Films

Release in France : 29/01/1997

    あらすじ

    パリ、18区、夜。』で熱狂的なファンを生んだクレール・ドゥニ監督作。両親の離婚によって引き離された兄と妹が、互いに反発し、傷つけながら心のどこか で求め合う姿を繊細に描く。主人公の性的妄想を捉えた官能的な映像が見事。港町マルセイユ。愛する母の死後、移動ピザ屋で生計を立てながら、一人で暮らす ボニ。彼は毎晩、豊満な肉体のパン屋の女房を犯すことを夢に見ていた。そんなある日、寄宿学校を脱走した妹が突然転がり込んでくるが...

    俳優 (19)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Dacia Films

    Film exports/foreign sales :

    Pyramide International

    共同製作 :

    Arte France Cinéma

    フランス国内配給 :

    Pyramide Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (16)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    Even though you didn't want to shoot a portrait of Marseilles, did you wonder how to go about filming the city?
    I didn't want to be tempted to film Marseilles. No long pans over the city, no extra establishing shots. I didn't want that. I wanted to keep my characters at the heart of the film. The exception was the sea. The film opens in the water of a swimming-pool and I wanted it to end in water... I had the feeling that in Marseilles, you always know the sea's there, even if you don't see it, even if you don't always have to check that it' s there. It's like a liquid flowing through the whole city: I viewed it as the film's amniotic liquid. But throughout the shoot, we kept wondering: how could we avoid stressing Marseilles? The characters are all locals, they forget to look at their city... And Boni is buried in his own life, he has no time to look at the city. The city is out of shot. Everything off camera is the city. You can tell it's there but it's not in the frame. (Claire Denis, from the press kit)

    クレジットタイトル詳細 (22)

    製作代表 :

    Georges Benayoun

    エグゼクティブプロデューサー :

    Françoise Guglielmi

    Director of photography :

    Agnès Godard

    音声アシスタント :

    Emmanuel Ughetto

    製作部長 :

    Nicolas Daguet

    編集担当 :

    Yann Dedet

    Assistant editors :

    Emmanuelle Pencalet, Anne Souriau, Morgane Spacagna

    作曲家 :

    Tindersticks (Groupe)

    キャスティング :

    Nicolas Lublin, Tony Coco-Viloin

    Sound mixers :

    Thierry Lebon, Vincent Arnardi

    演出助手 :

    Alain Monne

    Assistant directors :

    Antonin Dedet, Gabriel Julien-Laferrière, Sébastien Lifshitz

    Screenwriters :

    Jean-Pol Fargeau, Claire Denis

    録音技師 :

    Jean-Louis Ughetto

    撮影技師アシスタント :

    Nathalie Durand, Galatée Politis

    報道担当(映画) :

    Dominique Segall, Olivier Guigues

    Sound editor :

    Nathalie Hubert

    装飾 :

    Arnaud de Moleron

    Foley artist :

    Pascal Chauvin

    Costume designer :

    Élisabeth Tavernier

    スチールマン :

    Nathalie Eno

    Post-production supervisor :

    Francis Doré

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    軽犯罪

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1996

    フランス公開 :

    29/01/1997

    上映時間 :

    1 時間 43 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    88.739

    ビザ発行日 :

    20/01/1997

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    ドルビーSR