このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
シークレット・ディフェンス

シークレット・ディフェンス

A 長編映画 by Jacques Rivette

Produced by Pierre Grise Productions

Release in France : 18/03/1998

    あらすじ

    エレクトルの末裔である若い女性、シルヴィ・ルソー(サンドリーヌ・ボネール)は、復讐のために、弟(グレゴワール・コラン)の代わりに立ち上がり、母親(フランソワーズ・ファビアン)に逆らい、父の死についての謎を明らかにしようとする。シルヴィは調べていくうちに、父のかつての同僚であるワルサー(イエジー・ラジヴィオヴィッチ)がこの事件の謎を握っていることを突き止める。

    Source : institut.jp

    俳優 (10)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Pierre Grise Productions

    Foreign production companies :

    T&C Film AG, Alia Film

    フランス国内配給 :

    Pierre Grise Distribution

    Co-productions :

    Arte France Cinéma, La Sept Cinéma

    Film exports/foreign sales :

    Celluloid Dreams

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (12)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    リヴェットは「エレクトル」について考えていました。彼の「悲劇的なヒロイン」であるサンドリーヌ・ボネールが殺人を発見し、その復讐を誓うからです。犯 罪ものであるために、作品の構造は他のリヴェット作品のように遊戯的で、弛緩していません。しかし撮影初日を迎えるまで、ジャックはラストが開かれたまま であり、即興の遊戯の余裕を残すことを望んでいました。(…)『シークレット・ディフェンス』では、持続が作品の本質と美しさを生み出しています。何も起 こらないその持続の中で強烈な感情が徐々に沸き起こってきます。リヴェットは『めまい』から着想を得ていました。ヒッチコックも持続というものを考える作 家です。何が起こるか知っていることで人は苦しめられます。ヒッチコックの観客は、真実を探し求める主役たちと自分を同一視しています。こうした意味で、 リヴェットは、劇的な瞬間が連続するアクション映画よりもヒッチコックに近いと言えるでしょう。
    (パスカル・ボニゼール、「リベラシオン」1998年3月18日)

    クレジットタイトル詳細 (18)

    製作代表 :

    Martine Marignac, Maurice Tinchant

    Adapters/dialogue writers :

    Jacques Rivette, Pascal Bonitzer, Emmanuelle Cuau

    Sound recordists :

    Eric Vaucher, Laurent Dreyer

    撮影技師アシスタント :

    Marion Befve, Irina Lubtchansky

    報道担当(映画) :

    Marie-Christine Damiens

    Assistant editor :

    Valentine Duley

    装飾 :

    Emmanuel de Chauvigny

    Foley artists :

    Pascal Chauvin, Pascal Dedeye

    サウンド・ミキサー :

    Bernard Le Roux

    Assistant director :

    Lorraine Groleau

    フォトディレクター :

    William Lubtchansky

    音声アシスタント :

    Jean-Luc Laborde

    製作部長 :

    Christian Lambert

    編集担当 :

    Nicole Lubtchansky

    スクリプト :

    Lydie Mahias

    作曲家 :

    Jordi Savall

    Costume designer :

    Anne Autran

    スチールマン :

    Moune Jamet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, スイス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, スイス)

    製作年 :

    1998

    フランス公開 :

    18/03/1998

    上映時間 :

    2 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    91.070

    ビザ発行日 :

    18/03/1998

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーDTS

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (4)

    Istanbul Film Festival - 1999

    Istanbul Film Festival (トルコ, 1999)

    Selection

    世界のフェスティバルより

    Rotterdam International Film Festival - 1999

    Rotterdam International Film Festival (オランダ, 1999)

    Selection

    長編映画公式セレクション

    Cairo - International Film Festival - 1998

    Cairo - International Film Festival (エジプト, 1998)

    Selection

    コンペティション外作品

    Montreal World Film Festival - 1998

    Montreal World Film Festival (カナダ, 1998)

    Selection

    Out of Competition