このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

The Fidelity

A 長編映画 by Andrzej Zulawski

Produced by Gemini Films

Release in France : 05/04/2000

    あらすじ

    Clélia, a young and talented photographer, is hired by a Canadian scandal-sheet press baron, Lucien Macroi, with a view to gilding his group image. A man of power, he is surrounded by a veritable entourage made up for the most part of people of dubious intention. In opposition to this dissolute milieu, Clève, a 35-year-old editor, honest and concerned for a certain literary quality, falls head over heels in love with Clélia. Under this spell of Clèves chaming awkwardness, Clélia agrees to marry him. However, her work leads her to meet Nemo, a young man on the fringes, a photographer who specializes in hard-hitting reportage. Sharing this love of the image, of the stolen instant, their complicity blossoms into a passionate bonding love affair, yet lived out only through photography.

    俳優 (10)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Gemini Films

    Film exports/foreign sales :

    The Bureau Sales

    フランス国内通信社 :

    B.C.G.

    Co-productions :

    Madragoa Filmes, France 3 Cinéma

    フランス国内配給 :

    Gemini Films

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (11)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    This is a film about passion, desire, exclusiveness, and the difficulty and pain of loving. There’s nothing stable about passion, because when you’re in love everything is in motion. You’re in an uncontrollable spin. But although this film is titled “Fidelity,” there’s nothing moralizing about it. On the contrary. If you know Zulawski’s films, you know that it won’t be a film about morality, even though sometimes there may be a question of morals. In any case, you’re not fooling anybody when you talk about being faithful. Unless you believe in heaven. . .

    Sophie Marceau, actress (excerpt from press kit)

    クレジットタイトル詳細 (10)

    製作代表 :

    Paulo Branco

    フォトディレクター :

    Patrick Blossier

    報道担当(映画) :

    Myriam Bruguière, Olivier Guigues

    装飾 :

    Jean-Vincent Puzos

    Costume designer :

    Caroline de Vivaise

    シナリオライター :

    Andrzej Zulawski

    録音技師 :

    Pierre Gamet

    Editor :

    Marie-Sophie Dubus

    作曲家 :

    Andrzej Korzynski

    演出助手 :

    Guillaume Favreau

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ポルトガル

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ポルトガル)

    製作年 :

    2000

    フランス公開 :

    05/04/2000

    上映時間 :

    2 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    97.534

    ビザ発行日 :

    27/04/2000

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーSRD

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (9)

    テッサロニキ 国際映画祭 - 2000

    テッサロニキ 国際映画祭 (ギリシャ, 2000)

    Selection

    新たな展望部門

    リスボン フランス映画祭 - 2000

    リスボン フランス映画祭 (ポルトガル, 2000)

    Selection

    フランス映画週間 選出作品

    リオデジャネイロ 国際映画祭 - 2000

    リオデジャネイロ 国際映画祭 (ブラジル, 2000)

    Selection

    世界映画のパノラマ

    Cannes Film Market - 2000

    Cannes Film Market (フランス, 2000)

    Selection

    Selection

    ワルシャワ フランス映画祭 - 2000

    ワルシャワ フランス映画祭 (ポーランド, 2000)

    Selection

    選出作品

    代表団 (3)

    リスボン フランス映画祭 - 2000

    リスボン フランス映画祭 (ポルトガル, 2000)

    Team (3)

    監督 : Andrzej Zulawski

    メインプロデューサー : Paulo Branco

    俳優 : Sophie Marceau

    横浜 フランス映画祭 - 2000

    横浜 フランス映画祭 (日本, 2000)

    Team (2)

    監督 : Andrzej Zulawski

    メインプロデューサー : Paulo Branco