このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
狼は天使の匂い

狼は天使の匂い

A 長編映画 by René Clément

Produced by Greenwich Film Productions

Release in France : 15/09/1972

    あらすじ

    トニー(ジャン・ルイ・トレンティニヤン)の逃亡生活は、操縦していたヘリコプターがジプシーの群れの中に墜落し、大勢のジプシーの子供を死なせて しまったことから始まる。ジプシーのかしら(アンドレ・ローレンス)は復讐を誓った。そのためにトニーはパリにいられなくなり、ニューヨーク、さらにカナ ダのモントリオールに逃げた。しかし執拗なジプシーの追跡のために逃げ場を失い、折から開催中の万国博覧会のアメリカ館に身を潜めた。そこで2人組による 殺人事件を目撃したことから一味に捕らえられ、ある島に連れ去られた。島に着くとトニーは、一味のボス、チャーリー(ロバート・ライアン)に引き合わされ た。彼の他にも、その情婦シュガー(レア・マッサリ)、マットン(アルド・レイ)、リッツィオ(ジャン・ガバン)、パウルその妹ペッパー(ティサ・ファ ロー)がいた。チャーリーは、殺されたレナが持っていた1万5千ドルの行方を教えろと迫ったが、トニーは口を割らなかった。この島から逃げるためには橋を 渡らなければならず、その橋は1つしかない。うまく渡ったとしても、そこにはジプシーたちが彼を待ち構えているに違いない。しょせん逃げられないのだ。翌 日、チャーリーたちは泥棒を働きに出かけた。一方、トニーは月日がたつに従ってチャーリーに親しみを感じ始めていた。シュガーとも親しくなった。やがて チャーリーが計画している大仕事に誘われ、仲間になることを承知した。一味の大仕事とは次のようなことだった。マッカーシーというギャングの大親分が近く 法廷で裁かれることになっているが、彼を有罪にする唯1人の証人は頭の弱い女の子で、目下モントリオールの病院に厳重な警備つきでかくまわれている。 チャーリー一味はこの証人を誘拐してマッカーシーに引き渡し、礼金100万ドルをせしめようというものだった。病院の隣のコンサート・ホールを足がかりに して病院に入るという計画は完璧のように思われた。決行の日の夜、一味はタキシードに身をつつみ、コンサート・ホールに現われた。だが、マットンの顔を 知っていた鼓笛隊の女の子(ナディーヌ・ナボコフ)が警察に通報した。そんなこととは知らない1味は、ホールの地下室から隣のビルに入った。この間に警官 隊が駆けつけ、ボックスにいたシュガーを逮捕した。チャーリーがトニーを引っぱりこんでやった仕事はすべて芝居だった。生き証人として入院していた精神薄 弱児はとうに死んでいたので、チャーリーはペッパーを替玉として使ったのである。マッカーシーがチャーリーに計られたと知ったときは遅かった。チャーリー 一味が隠し持っていた拳銃は一斉に火を吹き、マッカーシー一味は次々に倒されて入った。だが、ペッパーとともに島を抜け出したトニーを除いて、一味は警察 に包囲された。銃撃戦の末、残るはチャーリーだけとなった。一方、トニーは一旦逃亡を決意したものの、ペッパーを逃がすと、チャーリーと運命をともにする ため、自分だけ再び島へ引き返した。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Watch 狼は天使の匂い in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (10)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Greenwich Film Productions

    Film exports/foreign sales :

    Tamasa Distribution

    海外製作作品 :

    Rizzoli Film

    フランス国内配給 :

    Compagnie Commerciale Française Cinématographique (CCFC)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (20)

    製作代表 :

    Serge Silberman

    せりふ作者 :

    Sébastien Japrisot

    録音技師 :

    Guy Villette

    あてレコ :

    John Berry, Henri Djanik, Pierre Hatet

    撮影技師アシスタント :

    Paul Cot

    Production managers :

    Ully Pickardt, Jean-Jacques Schpoliansky

    編集アシスタント :

    Alexis Pezas

    装飾 :

    Pierre Guffroy

    Foley artist :

    Daniel Couteau

    スチールマン :

    Yves Manciet

    Assistant directors :

    Pierre Lary, Jean-Jacques Beineix

    原作者 :

    David Goodis

    シナリオライター :

    Sébastien Japrisot

    フォトディレクター :

    Edmond Richard

    撮影技師 :

    Georges Pastier

    音声編集担当 :

    Michèle Boehm

    スクリプト :

    Monique Herran

    作曲家 :

    Francis Lai

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Carrère

    演出助手 :

    Jean Lara

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    スリラー

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1971

    フランス公開 :

    15/09/1972

    上映時間 :

    2 時間 20 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    38863

    ビザ発行日 :

    06/09/1972

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル