このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
ブラック・アンド・ホワイト・イン・カラー

ブラック・アンド・ホワイト・イン・カラー

A 長編映画 by Jean-Jacques Annaud

Release in France : 22/09/1976

    あらすじ

    一九一五年一月。フランス領赤道アフリカのクーレ砦には、総勢九人のフランス人が黒人たちと共に住んでいた。砦の 中には雑貨屋が二軒あり、レシャンポ(J・デュフィロー)とカプリス(M・バリエール)がその主人だった。植民地駐屯軍としてはボスレ軍曹(J・カルメ) がただ一人。それに神父が二人、地理学者のフレノワ(J・スピエセール)、レシャンポとカプリスの弟や妻らで、のんびりと生活していた。彼らが住むクーレ 砦から、徒歩で一日のところにドイツ軍が駐屯しており、士官一人に兵隊二人が黒人兵五人からなる原地徴集部隊を指揮して常日訓練にはげんでいた。彼らは頻 繁にクーレ砦を訪れ、国籍こそ違うが、よき隣人であった。しかし、それはフランス人たちが、両国が戦争中であるという事実を知らなかったからであった。フ レノア宛の小包から、第一次大戦のことを知り、たちまち愛国精神をむきだしにする。この時点から愛国者たちに突きあげられた格好で、ボスレ軍曹はクーレ砦 を戦時下として彼の指揮下におくことを宣言する。敵側には、訓練に励んでいる黒人兵が数名おり、フランス側も早速黒人兵を編成する。レシャンポ兄弟やカプ リスたちも戦場へ出むくが、男は一張羅の背広にカンカン帽、女はドレス姿。黒人たちにかつがせた御輿に乗ってまるでピクニック気分だった。その夜、戦略的 に展望の持てなくなったボスレに変わりフレノワが引き継ぐことになり、その指導性がみごとに発揮されていく。既に独裁者となったフレノワはドイツ領との境 界を越えて軍隊を出動させたが、次々に病人や死者を出してしまう。しかし、既に、当地が英国領となることが決まり、アフリカでの戦争は終りを告げる。クー レ砦のフランス人たちは、久方ぶりにドイツ人との再会を喜び合い、酒をくみ交し合った。黒人たちにとっては住んでいるところがドイツ領やフランス領だった のがイギリス領になったというだけのことで、白人たちにとっては国籍は違ってもやはり白人同士なのだった。

    Source : movie.walkerplus.com

    Watch ブラック・アンド・ホワイト・イン・カラー in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (10)

    映画製作・配給会社 (3)

    共同製作 :

    Reggane Films

    フランス国内配給 :

    AMLF

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (13)

    製作代表 :

    Jacques Perrin

    Foreign producers :

    Giorgio Silvagni, Arthur Cohn

    せりふ作者 :

    Jean-Jacques Annaud

    録音技師 :

    Alain Curvelier

    フォトディレクター :

    Claude Agostini

    Editor :

    Françoise Bonnot

    作曲家 :

    Pierre Bachelet

    監督補佐 :

    Dominique Cheminal

    Adaptation :

    Jean-Jacques Annaud

    原作者 :

    Georges Conchon

    シナリオライター :

    Jean-Jacques Annaud

    製作部長 :

    Gérard Crosnier

    装飾 :

    Max Douy

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    歴史的

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    ドイツ, コートジボアール, イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (ドイツ, コートジボアール, イタリア, フランス)

    製作年 :

    1976

    フランス公開 :

    22/09/1976

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    43769

    ビザ発行日 :

    17/09/1976

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル

    Posters (3)

    監督

    ニュース (2)

    映画祭でのセレクション (2)

    オスカー  - 1977

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1977)

    Selection

    Nomination for Best Foreign Language Film

    受賞

    オスカー  - 1977

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1977)

    セザール最優秀外国映画賞