このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
It Happened in Paris

It Happened in Paris

A 長編映画 by Henri Lavorel, John Berry

Produced by Le Monde en Images, C.F.R.

Release in France : 13/02/1953

    あらすじ

    A wealthy American young woman, Patricia, comes to spend some days at her uncle's place in Paris. A modern woman, Patricia he goes out alone and meets in a bar a pseudo-Russian prince, Wladimir, who is actually an adventurer, with two accomplices in tow. Patricia falls in love with the charming, but her father, whom the uncle has warned against Wladimir, orders his daughter to come back to New York City. She refuses and he cuts off his heiress' means of subsistence. Going for broke, Wladimir proposes to Patricia.

    俳優 (22)

    映画製作・配給会社 (2)

    About

    The film was shot as a French American coproduction, in two different versions. John Berry did the English language version and then the same actors spoke in French for a version directed by Henri Lavorel.

    クレジットタイトル詳細 (9)

    製作代表 :

    Henri Lavorel

    シナリオライター :

    Ben Barzman

    録音技師 :

    Pierre Calvet

    装飾 :

    Henri Schmitt

    Costume designer :

    Christian Dior

    せりふ作者 :

    Michel Audiard

    フォトディレクター :

    Jean-Serge Bourgoin

    Editor :

    Marinette Cadix

    作曲家 :

    Norbert Glanzberg

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理劇

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス (100.0%)

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1952

    フランス公開 :

    13/02/1953

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    13165

    ビザ発行日 :

    23/12/1952

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル