このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Volem rien foutre al pais / 仮題:この国では何にもやる気がしない

Volem rien foutre al pais / 仮題:この国では何にもやる気がしない

A 長編映画 by Pierre Carles, Christophe Coello, Stéphane Goxe

Produced by C-P Productions

Release in France : 07/03/2007

    あらすじ

    大量の仕事を廃止するシステムに直面したり、しかし「仕事を私たちの尊厳におけるかけがえのない規範と根拠」としてシステムを位置づけたりしながら、人々は「労働社会の大量流出」を奨励している。この映画はそれを検討している。

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    C-P Productions

    フランス国内配給 :

    Shellac

    Photos (5)

    クレジットタイトル詳細 (6)

    フォトディレクター :

    Igor Ochronowicz

    報道担当(映画) :

    Chloé Lorenzi, Stanislas Baudry

    サウンド・ミキサー :

    Luc Filaretos

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    サブジャンル :

    ルポルタージュ

    テーマ :

    社会, 仕事

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2006

    フランス公開 :

    07/03/2007

    上映時間 :

    1 時間 47 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    104.275

    ビザ発行日 :

    07/02/2007

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.33

    Audio format :

    モノラル