このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Le Baiser de l'ours / 仮題:熊のキス

Le Baiser de l'ours / 仮題:熊のキス

A 長編映画 by Sergei Bodrov

Release in France : 31/12/2003

    あらすじ

    14歳の孤独な少女ロラは、いつも旅人達と共に暮らしてきた。ロラは母親のカルメンと共にデュオで空中ブランコを演じている。国から国へ、町から町へ巡業するサーカス団フォルチュナートが動物市に拠点を構えるとき、熊の赤ん坊の檻の前で陶酔するロラ。子熊はシベリアのタイガで猟師に母親を撃ち殺されてしまったのだ。ロラは養父に熊を買い取るよう頼み込む。そのときからロラは全ての愛情をミーシャと名づけた子熊に惜しみなく与え、熊に対する愛情が人間の男性に対するそれと同様の強力なものになりうることを発見する。そして、ある朝目覚めたロラは、この奇妙な関係の力を思い知ることに…。

    俳優 (7)

    映画製作・配給会社 (3)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (10)

    Screenwriters :

    Sergei Bodrov, Carolyn Cavallero

    Co-producer :

    Fabienne Vonier

    録音技師 :

    Sigurdur Sigurdsson

    編集担当 :

    Mette Zeruneith

    作曲家 :

    Giya Kancheli, Siegfried

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    センチメンタルコメディ

    言語 :

    英語, イタリア語, スペイン語, ロシア語

    出身 :

    ドイツ, スペイン, イタリア, フランス, スウェーデン, ロシア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    ごく一部フランス (ドイツ, スペイン, イタリア, フランス, スウェーデン, ロシア)

    製作年 :

    2003

    フランス公開 :

    31/12/2003

    上映時間 :

    1 時間 32 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    102.958

    ビザ発行日 :

    31/03/2003

    CNC助成 :

    いいえ

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーSRD

    Posters (2)

    監督

    映画祭でのセレクション

    Venice International Film Festival  - 2002

    Venice International Film Festival (イタリア, 2002)

    Selection

    公式コンペティション