このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Le Crime du Bouif

Le Crime du Bouif

A 長編映画 by André Cerf

Produced by Les Films du Panthéon

Release in France : 05/03/1952

    あらすじ

    Bouif is a familiar face around Parisian racetracks, whose good-natured savy allows him to gather and pass on unbeatable tips. To everyone's great astonishment, he is accused of murder. But despite the judge's stubborn tenacity, Bouif's innocence is proven and he returns, triumphant, to the racecourse.

    俳優 (28)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Les Films du Panthéon

    フランス国内配給 :

    Panthéon Distribution

    Film exports/foreign sales :

    Les Films du Jeudi

    クレジットタイトル詳細 (12)

    製作代表 :

    Pierre Braunberger

    Adaptation :

    Guillaume Hanoteau

    Screenwriters :

    Georges de la Fouchardière, André Mouëzy-Éon

    録音技師 :

    Jacques Gallois

    編集担当 :

    Andrée Danis

    作曲家 :

    Richard Cornu

    監督補佐 :

    Claude Sautet

    Dialogue Writers :

    André Cerf, Guillaume Hanoteau

    フォトディレクター :

    Pierre Petit

    製作部長 :

    Léopold Schlosberg

    装飾 :

    Raymond Negre

    スチールマン :

    Walter Limot

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1951

    フランス公開 :

    05/03/1952

    上映時間 :

    1 時間 25 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    11839

    ビザ発行日 :

    05/03/1952

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37