このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
仮題:人生最良の日

仮題:人生最良の日

A 長編映画 by Julie Lipinski

Produced by Les Films Manuel Munz

Release in France : 05/01/2005

    あらすじ

    ロラとならマンネリカップルには決してならないと、アルチュールは固く信じていた。
    だが今日、王子様説で育てられた30歳のロラは本当の愛の証、結婚を願う。
    ロラはアルチュールに理想的な結婚を売り込み、アルチュールは愛するゆえに最後には承諾する。ロラの少女風の夢とみんなと同調したくないアルチュール、家族が想像する盛大な結婚式、後から追いついた現実の間で、人生最良の日の準備は予想以上に複雑なことが分かる。

    俳優 (13)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films Manuel Munz

    Film exports/foreign sales :

    Roissy Films

    Foreign production companies :

    RTL TVI Belgique, Entre Chien et Loup

    フランス国内配給 :

    SND Groupe M6

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (6)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (12)

    クレジットタイトル詳細 (14)

    製作代表 :

    Manuel Munz

    Screenwriters :

    Julie Lipinski, Laurent Tirard

    Sound recordists :

    Pascal Jasmes, Thomas Gauder

    報道担当(映画) :

    Etienne Lerbret

    音声編集担当 :

    Marc Bastien

    装飾 :

    Olivier Jacquet

    キャスティング :

    Sarah Teper, Nicolas Ronchi

    監督補佐 :

    Julien Zidi

    フォトディレクター :

    Christophe Paturange

    製作部長 :

    Gilles Loutfi

    Editor :

    Valérie Deseine

    スクリプト :

    Élisabeth Alexandris

    作曲家 :

    Thibault Chenaille, Antoine Vidal

    Costume designer :

    Natacha Gauthier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    テーマ :

    愛, カップル

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ベルギー

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ベルギー)

    製作年 :

    2005

    フランス公開 :

    05/01/2005

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    109.437

    ビザ発行日 :

    23/12/2004

    CNC助成 :

    はい

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーSRD

    Posters (3)

    Director

    映画祭でのセレクション