このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Belzec / 仮題:ベルゼック

Belzec / 仮題:ベルゼック

A 長編映画 by Guillaume Moscovitz

Produced by VLR Productions

Release in France : 23/11/2005

    あらすじ

    ショア(ユダヤ人大虐殺)の歴史の中でほとんど忘れ去られたベルゼック。年代的に見て、占領下ポーランドのユダヤ人を虐殺するナチスの計画、ラインハルト・アクション最初の強制収容所である。
    完全な撤去が1943年初頭の数ヶ月で行われたが、これはソビボルとトレブリンカの取り壊しの約一年前にあたり、ヨーロッパのユダヤ人虐殺の跡を消し去ろうとするナチスの意向を証明している。ナチスによる工業化されたユダヤ人大量虐殺は人々の命を奪うだけに留まらず、死体、氏名、住所の抹消にまで及んだ。今日否定主義と呼ばれる動きは、ナチスの虐殺において既に原則であった。虐殺の跡を抹消することは、ユダヤ民族の滅亡計画の一端をなしていたのである。
    60年代末に死亡したルドルフ・レーダーとリュブリンで終戦直後に殺されたヒャイム・ヒルツマンを除いて、証言のためにベルゼックの収容所に帰ってきたものはいない。
    監督はこの抹消の後遺症をカメラに収め、我々の現代の暴力をお見せする。破壊のみ残された世界で、過去をどうやって証明するのだろうか。

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    VLR Productions

    フランス国内配給 :

    Ad Vitam

    Photos

    クレジットタイトル詳細 (8)

    製作代表 :

    Jean Bigot

    録音技師 :

    Krzysztof Rzepecki

    報道担当(映画) :

    Agnès Chabot

    Sound editor :

    Béatrice Wick

    Directors of Photography :

    Guillaume Schiffman, Stephan Massis

    製作部長 :

    Pablo Freville

    Editor :

    Lise Beaulieu

    サウンド・ミキサー :

    Cédric Lionnet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    2005

    フランス公開 :

    23/11/2005

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    108.609

    ビザ発行日 :

    16/11/2005

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    ドルビーSRD