このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Morasseix / 仮題:モラセイ

Morasseix / 仮題:モラセイ

A 長編映画 by Damien Odoul

Produced by Damien Odoul Films

Release in France : 13/10/2004

    あらすじ

    人里離れた村、モラセイは次々に暴力的だったり、ばかげていたり、時には呆れるほど無邪気だったり、素晴らしい人物図鑑を提供する。アメリカに行くことを夢見る床屋の娘リリが言うように「みんな頭がおかしい人ばっかり」。
    セザールはちっとも国を離れたいとは思わない。貪欲な楽天家だ。村の人々が好きで、彼らを好きなように押しのけ、気まぐれに挑発していればそれでよい。彼は村人たちは皆狂ってはいるが、無礼さに欠けていると思う。特に友だちのドゥーズ、狩猟用の銃の口径から12なんてあだ名がついたのだが、彼はセザールにとってまさに魅惑そのものだ。
    忘れがたい酩酊、クレー射撃での大喧嘩、ぎこちない羞恥心と共に、言葉半ばで打ち明けあうヤマシギ狩り、羽目を外したラグビー試合、牛の群れと即席の夜明けの闘牛…。セザールは何でも無邪気に軽やかに楽しむ。たまに羽目を外すけれども。
    リリはセザールが好きだ。彼も喜んでリリと付き合うが、ドゥーズが彼女の魅力にほれ込んでしまったと知り、わざとリリを絶望させて彼女の苦悩を利用して友だちの腕に飛び込ませる…。そして二人は結婚する。セザールが二人を幸せにしたのだ、遊び気分で。だが彼にはドゥーズの無邪気さもなければ、リリの清純さもない。セザールは幸せにはあまり向いていないのだ。ますます絶望し、どんどん不安になるセザール…。
    途方もない強盗の途中、あらゆる慎みを失い狂気の沙汰で男を一人殺してしまう。今や逃亡の身で、ドゥーズが彼をかくまう。関係が逆転した。明け方、ヤマシギ狩りの最中に、ドゥーズは口径12の銃を一発放ち、セザールを完全に彼自身から自由の身にする。セザールからは生きることを教えられていた。ドゥーズは解放の代わりにこの最後の一発しか与えることができない。二人の間で暗黙の約束、長い間封印されていた協定であったかのように。
    そして嵐の静まったモラセイは、優しい狂気に戻るのだった…。.

    俳優 (6)

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Damien Odoul Films

    共同製作 :

    Arte GEIE - Strasbourg

    Photos (3)

    クレジットタイトル詳細 (7)

    原作者 :

    Damien Odoul

    フォトディレクター :

    Pierre David

    Editor :

    Marie-France Poulizac

    サウンド・ミキサー :

    Gérard Lamps

    Screenwriters :

    Damien Odoul, Antoine Lacomblez

    録音技師 :

    Pascal Armant

    装飾 :

    Alain Frentzel

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1992

    フランス公開 :

    13/10/2004

    上映時間 :

    1 時間 31 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    81423

    ビザ発行日 :

    11/10/2004

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    代表団

    プレスキット