このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Moments choisis des histoire(s) du cinema / 仮題:「映画史」の選ばれた瞬間の数々

Moments choisis des histoire(s) du cinema / 仮題:「映画史」の選ばれた瞬間の数々

A 長編映画 by Jean-Luc Godard

Release in France : 09/12/2004

    あらすじ

    「映画史」の後、ジャンリュック・ゴダールは35ミリを用いて標準の長さの、一種の総括的、一望的、そして「映画史」の結論的作品を製作する。だが「映画史」に既存する画像の新しい編集というだけではなく、監督自身語るところの‘生命に溢れた’作品なのである。
    選ばれた瞬間の中でゴダールが明かすことは、映像に対する彼の現実態的思索の内政的な価値だ。映画史を年代順に凝り固まった記念碑的作品にするのではなく、視線の集団商売やこの歴史の痕跡、欠如の私的管理に関する遠い過去の哲学的夢にする。

     

    映画製作・配給会社 (2)

    フランス国内配給 :

    Gaumont

    フランス国内通信社 :

    Centre Pompidou

    Photos (5)

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    サブジャンル :

    創作ドキュメンタリー

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    2000

    フランス公開 :

    09/12/2004

    上映時間 :

    1 時間 24 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー&白黒

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (3)