このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Right of the Weakest

The Right of the Weakest

A 長編映画 by Lucas Belvaux

Produced by Agat Films & Cie / Ex Nihilo

Release in France : 19/07/2006

    あらすじ

    The story takes place in Liège, Belgium, today.
    It's the story of four men, a woman, and a child who don't all know each other and who are brought together by fate.
    It's a story that begins in a warm atmosphere. Human warmth, the warmth of summer, the warmth of a bar where the men meet to play cards.
    It's a story about the sense of propriety that prevents people from talking about their suffering until it's too late. It's a story in which the money lacking in one place is all too visible in another. It's the story of people who can't go on, worn down, broken and exhausted by work. It's also the story of people who have none now. No work, no hope, no future, and who cling to their memories and the lies of the past.
    It's the story of three men who dream that something is still possible, in spite of everything. It's the story of men who'll take up arms to go and look for money where it is in the pockets of others because they feel they have the right. It's a story of tears, gunshots, and blood, in which not only children cry.
    A story where there's no good or bad. A story of weak and strong. Where everyone has their reasons, where everyone chooses sides. It's a story in which some die while others survive, a story that leaves no one unscathed.

    俳優 (18)

    映画製作・配給会社 (5)

    共同製作 :

    France 3 Cinéma

    Film exports/foreign sales :

    Playtime (ex Films Distribution)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (6)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (25)

    クレジットタイトル詳細 (15)

    製作代表 :

    Patrick Sobelman

    シナリオライター :

    Lucas Belvaux

    フォトディレクター :

    Pierre Millon

    Production manager :

    Marie-Frédérique Lauriot

    編集担当 :

    Ludo Troch

    スクリプト :

    Marika Piedboeuf

    作曲家 :

    Riccardo Del Fra

    サウンド・ミキサー :

    Gérard Rousseau

    Assistant directors :

    Christophe Marillier, Dominique Heinry

    Foreign producer :

    Diana Elbaum

    録音技師 :

    Henri Morelle

    報道担当(映画) :

    Marie-Christine Damiens, Grégory Fleuriet

    Sound editor :

    Béatrice Wick

    Production Designer :

    Frédérique Belvaux

    Costume designer :

    Nathalie Raoul

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    スリラー

    テーマ :

    社会

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ベルギー

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ベルギー)

    製作年 :

    2005

    フランス公開 :

    19/07/2006

    上映時間 :

    1 時間 56 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    112.095

    ビザ発行日 :

    28/06/2006

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    ドルビーDTS

    Posters (1)

    監督

    ニュース (6)

    映画祭でのセレクション (9)

    リスボン フランス映画祭 - 2006

    リスボン フランス映画祭 (ポルトガル, 2006)

    Selection

    フランス映画週間 選出作品

    リオデジャネイロ 国際映画祭 - 2006

    リオデジャネイロ 国際映画祭 (ブラジル, 2006)

    Selection

    世界映画のパノラマ

    Cannes International Film Festival - 2006

    Cannes International Film Festival (フランス, 2006)

    Selection

    公式長編映画セレクション

    代表団 (2)

    プレスキット