このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Play

Play

A 長編映画 by Alicia Scherson

Produced by Paraiso Production Diffusion

Release in France : 11/04/2007

    あらすじ

    現代の都会で、2人の人間が愛を探し、そして見つけられないでいた。
    そして夏のサンチアゴ、トリスタンの完璧な生活は変わりつつあった。彼の彼女は彼に別れを告げ、彼の仕事もストライキによって中断を余儀なくされ、そしてバックが盗まれ・・。
    街の反対側で、クリスティナの穏やかな生活も狂い始めていた。彼女はバックをゴミ箱の中から見つけ、そこに入っていたウォークマンの音楽、彼のタバコによってトリスタンの世界に入り込み、彼の転落の密かな証人となる。
    クリスティナとトリスタンはこの汚染され、息苦しいこの街の中で互いを探しながら、決して出会うことなくさまよう。

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Paraiso Production Diffusion

    Film exports/foreign sales :

    f for film

    共同製作 :

    Bodega Films

    フランス国内配給 :

    Bodega Films

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    Photos (6)

    クレジットタイトル詳細 (7)

    Screenwriter :

    Alicia Scherson

    録音技師 :

    Miguel Hormazàbal

    編集担当 :

    Soledad Salfate

    キャスティング :

    Claudio Rodriguez

    フォトディレクター :

    Ricardo (de) Angelis

    報道担当(映画) :

    Isabelle Buron

    作曲家 :

    Joseph Costa, Marc Hellner

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ, ロマンス

    言語 :

    スペイン語

    出身 :

    フランス, チリ, アルゼンチン

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    ごく一部フランス (フランス, チリ, アルゼンチン)

    製作年 :

    2005

    フランス公開 :

    11/04/2007

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    117.314

    ビザ発行日 :

    15/05/2007

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    ドルビーSRD

    禁止 :

    なし

    Posters (1)

    Director

    ニュース

    映画祭でのセレクション (5)

    シドニー 映画祭 - 2006

    シドニー 映画祭 (オーストラリア, 2006)

    Selection

    Official Competition

    Rotterdam International Film Festival - 2006

    Rotterdam International Film Festival (オランダ, 2006)

    Selection

    長編映画公式セレクション

    Montreal World Film Festival - 2005

    Montreal World Film Festival (カナダ, 2005)

    Selection

    Perspectives on World Cinema