このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
La Fille du juge / 仮題:判事の娘

La Fille du juge / 仮題:判事の娘

A 長編映画 by William Karel

Produced by Roche Productions

Release in France : 04/01/2006

    あらすじ

    私は80年代、パリで起こったテロ行為のテロリストを扱ったブールーク判事の娘。そしてそれで私は父親を失った。誰も父のことを思い出す者はなく、80年代にパリで起こった一連のテロ行為はそれに続くテロ行為と重なって行く。1990年12月13日、私が13歳の時、父は引き金を引いた。その夜、自分自身で。そして私たちの生活に対しても・・。
    人質、パリでの殺人テロ行為、政治的圧力、メディア、そして訴訟上の底には、1990年の冬のある夜、この悲惨な出来事が起こるまでの、容赦ない死への脅威、ガードマン、恐怖といったものに直面した何も知らなかった小さな少女の物語がある。

    俳優 (2)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Roche Productions

    Film exports/foreign sales :

    The Bureau Sales

    Co-productions :

    INA - Institut national de l'audiovisuel, Arte France Cinéma

    フランス国内配給 :

    Rezo Films

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (4)

    クレジットタイトル詳細 (8)

    製作代表 :

    Dominique Tibi

    Directors of Photography :

    Romain Winding, Stéphane Saporito

    Production managers :

    Céline Nusse, Élisabeth Perez

    Editor :

    Sophie Brunet

    原作者 :

    Clémence Boulouque

    録音技師 :

    Philippe-Emmanuel Sorlin

    報道担当(映画) :

    Alexandra Schamis

    作曲家 :

    Zana Tal, Denis Barbier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2005

    フランス公開 :

    04/01/2006

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    111.976

    ビザ発行日 :

    24/11/2005

    CNC助成 :

    はい

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーSR