このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Ils ne mourraient pas tous mais tous etaient frappes / 仮題:彼らはみんな死にまでは至らなかったけれどもみんな苦しんでいた

Ils ne mourraient pas tous mais tous etaient frappes / 仮題:彼らはみんな死にまでは至らなかったけれどもみんな苦しんでいた

A 長編映画 by Marc-Antoine Roudil, Sophie Bruneau

Produced by ADR Productions

Release in France : 08/02/2006

    あらすじ

    毎週、パリ周辺の3つの公共病院で、1人の精神科医と2人の医師がそれぞれの仕事で病んだ人々を診ている。流れ作業に従事する工員、事務所の所長、看護助手、店の管理者などなど。
    交互に4人が彼等の仕事上の苦悩をそれぞれの診察の機会に打ち明ける。3人の専門家はそれを聞き少しずつ患者の個人的な苦悩と仕事の組織の新しい形態の間に関係を打ち立てていく。
    信頼を通して、ありのままに日常に起こる全てのこの類いの悲劇の真実と激しさ、この映画は仕事の世界での苦痛の日常化を証言している。この作品は仕事上の苦悩という無言で目に見えない現実を感じ取り具体化するという映画ではこれまで取り上げなかったものを取り上げた作品になっている。

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    ADR Productions

    Film exports/foreign sales :

    Pyramide International

    Foreign production companies :

    Alter Ego Films, Wallonie-Bruxelles Images (WBI)

    フランス国内配給 :

    Bodega Films

    Photos (2)

    クレジットタイトル詳細 (8)

    製作代表 :

    Delphine Morel, Jacques Debs

    フォトディレクター :

    Antoine-Marie Meert

    報道担当(映画) :

    Laurence Granec, Karine Ménard

    音声編集担当 :

    Étienne Curchod

    Screenwriters :

    Marc-Antoine Roudil, Sophie Bruneau

    録音技師 :

    Marc-Antoine Roudil

    編集担当 :

    Philippe Boucq

    サウンド・ミキサー :

    Philippe Baudhuin

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ベルギー

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ベルギー)

    製作年 :

    2005

    フランス公開 :

    08/02/2006

    上映時間 :

    1 時間 20 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    108.384

    ビザ発行日 :

    24/11/2005

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    ドルビーSRD