このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
悲しみの天使

悲しみの天使

A 長編映画 by Jean Delannoy

Produced by Progefi, Lux Compagnie Cinématographique de France

Release in France : 04/09/1964

    あらすじ

    十五歳になったジョルジュ(F・ラコンブラード)は、ミッション・スクールに編入することになった。彼は、侯爵家の一人息子であったが、愛に飢え、 美しい物に対して激しい好みをもった少年であった。寄宿生活に入って間もなく、彼は同級生の二人が、奇妙な愛憎を寄せ合っているのを知った。二人の間にか わされた手紙を、ふとしたことから手に入れたジョルジュは、軽い正義感から、それを院長(L・セーニェ)に渡してしまった。その為、二人の友情は裂かれて しまった。男子ばかりのこの学校では、寄宿生同士の度を過ごした友情は、堅く禁止されていたのだった。しばらくしたある日、ジョルジュはミサの時に、小羊 を抱いた美しい少年、アレクサンドル(D・オードパン)に目を奪われた。その少年の可憐さに、ジョルジュは、天使を見た。彼がアレクサンドルと初めて口を きいたのは、旅行の時だった。が、二学期になると、二人は急速に接近していった。ジョルジュはアレクサンドルに天使の美しさを、アレクサンドルはジョル ジュに兄のやさしさを感じていた。一度ローゾン神父(L・ナット)に手紙を見つかってしまったが、ジョルジュの巧い説明で、何の罪も受けずにすんだ。そし て、このことが一層強く、“義兄弟の誓い"を結ばせた。しかし、狭い寄宿舎の中では、秘密の友情も、いつまでも続けることは出来なかった。以前からジョル ジュを看視していたトレンヌ神父(M・ブーケ)に二人の間をさとられてしまったのだ。そこでジョルジュは神父の秘密を院長に告げ、彼をやめさせるようにし てしまった。これで二人の秘密を知るものはいなくなったと、ジョルジュは喜んだ。だが、三学期になったある日、納屋でふざけ合っていたジョルジュとアレク サンドルは、ローゾン神父に発見されてしまった。その結果、神父にさとされ、強制されたジョルジュは、終業式の日に、アレクサンドルに別れの手紙を残し、 両親の元へ帰って行った。何も知らないアレクサンドルは、神父の言葉を聞くと、手紙も読もうとはしなかった。そして、神父の言葉を嘘とは知らない彼は、悲 しみと絶望で小さな胸をいっぱいにしながら、爆走する列車から、飛び降りてしまった。神父の口からアレクサンドロの死を聞き、神父も彼を愛していたことを 知ったジョルジュは、自分の愛が、なによりも純粋なものであったことに、初めて気づいた。礼拝堂の小さなひつぎの前で黙祷するジョルジュ。彼の胸の中で は、本物の天使になったアレクサンドルが、やさしくほほえんでいた。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Watch 悲しみの天使 in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (11)

    映画製作・配給会社

    クレジットタイトル詳細 (15)

    製作代表 :

    Christine Gouze-Renal

    Adaptation :

    Jean Aurenche

    原作者 :

    Roger Peyrefitte

    録音技師 :

    Jacques Lebreton

    撮影技師 :

    Roger Delpuech

    Editor :

    Louisette Hautecoeur

    装飾 :

    René Renoux

    演出助手 :

    André Hoss

    監督補佐 :

    François Dupont-Midy

    せりふ作者 :

    Pierre Bost

    プロデューサー :

    Pierre Gurgo-Salice

    フォトディレクター :

    Christian Matras

    製作部長 :

    Fred Surin

    Assistant editor :

    Arlette Lalande

    作曲家 :

    Jean Prodromidès

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    思春期, 同性愛

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1964

    フランス公開 :

    04/09/1964

    上映時間 :

    1 時間 42 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    28027

    ビザ発行日 :

    24/08/1964

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    Venice International Film Festival  - 1964

    Venice International Film Festival (イタリア, 1964)

    Selection

    公式コンペティション