このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
ゴールデン・ハンター

ゴールデン・ハンター

A 長編映画 by Mario Monicelli

Produced by Les Films Marceau

Release in France : 11/08/1965

    あらすじ

    NATOの将校アンドレア(M・マストロヤンニ)は自他ともに許した名人的色事師だった。その彼が性不能者として の自覚症状を持ちはじめ、早速高名な精神分析医フランチェスコ博士を訪ねた。「決して本ものの不能者ではないが、強烈な刺激や生命をおびやかされるような 危険な状態におかれなければデキナイ、文明病だ」という。そういわれれば簡単に身を任せる女との夜はいつも失敗している。療養のために、彼は休暇をとって スイスの山中に出かけた。そこでジリオーラ(V・リージ)という清純な女性と知りあい、コトはうまくゆくように思えたが、ひょんなことから彼女を怒らせ、 別れの挨拶もなしに彼女の前から逃亡した。アンドレアはもうヤケクソで、危険な情事に身をやつすようになった。上官のグラマーな夫人を誘惑してわざわざそ の現場に夫を呼びよせたり……。軍務でシチリアに派遣されると、片田舎のレストランで医者に化けて処女のカンテイをしたり……。そしてテルマ(M・メル) という女を知ってから大変なことになった。彼女の夫は大金特の伯爵だが、異常に嫉妬ぶかくて残忍、その上口が不自由で強度の近眼。テルマは「夫を殺して、 そしたらあなたのものになる」という。だが伯爵の好む骨董品商に化けて潜入しているうちに伯爵の方が彼を殺そうと計る。がそれも運はアンドレアに向いて、 自分の罠で伯爵は死んだ。アンドレアは殺人容疑で裁判にかけられた。テルマは「彼が夫を殺した」と偽証するが、ここで法廷は男女の行為について大論争、結 局彼は無罪になった。ジリオーラのところに帰り、幸せな結婚生活を送るアンドレアだったが、夜のツトメの前にはアパートの手摺りを歩かねばコトができない ことには変りなかった……。

    Source : movie.walkerplus.com

    Watch ゴールデン・ハンター in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (14)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films Marceau

    Film exports/foreign sales :

    Tamasa Distribution

    Foreign production companies :

    CC Champion , Euro International Film (EIA)

    フランス国内配給 :

    Société Nouvelle de Cinématographie (SNC)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (8)

    Producers :

    Clément Legoueix, Carlo Ponti

    フォトディレクター :

    Aldo Tonti

    編集担当 :

    Ruggero Mastroianni

    作曲家 :

    Armando Trovajoli

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    イタリア語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    50%フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1965

    フランス公開 :

    11/08/1965

    上映時間 :

    1 時間 53 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    29622

    ビザ発行日 :

    30/07/1965

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル

    Posters (4)

    監督

    映画祭でのセレクション

    オスカー  - 1966

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1966)

    Selection

    Nomination for Best Original Screenplay : Age, Suso Cecchi D'Amico, Mario Monicelli, Furio Scarpelli