このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
エスピオナージ

エスピオナージ

A 長編映画 by Henri Verneuil

Produced by Les Films La Boëtie

Release in France : 07/04/1973

    あらすじ

    ソ連大使館付武官アレクセイ・フラゾフ大佐(Y・ブリンナー)は、モスクワに召喚されてパリのオルリー空港を旅立とうとした直前に、フランス空港警 察に駈け込み、西側に亡命したいからと保護を求めた。フラゾフを尾行していたソ連代表は、直ちにフラゾフの身柄引渡しを要求したが、フランス側は、本人が 政治亡命を決意した以上、応ずるわけにはいかないとつっぱね、SCE(仏対敵情報部)に指示を仰いだ。SCEの部長ルシアン・ベルトン(P・ノワレ)は外 務大臣の命令でフラゾフをアメリカ側に引渡した。数日後、アメリカ軍人に護送されたフラゾフは、CIAの取調べに対し、ソ連側に働く西側諸国の“裏切者" のリストを持っていることを明らかにした。さらに、この取調べに立ち合ったCIA局長のアレン・ディビス(H・フォンダ)とイギリスの駐米秘密情報連絡員 フィリップ・ボイル(D・ボガード)に対しては、西側に避難した理由としてコミュニストの理想は夢にすぎず、独裁的な支配に反対だからと述べたが、ウソ発 見機はこれに激しく反応した。そのときボイルは、フラゾフとトルコの国境の近くで逢ったときの写真を見せ、彼がソ連の現体制に失望していた事実を立証し た。ともかく、CIAはフラゾフに六ヵ月間の隔離生活を送らせ、その間、彼が握っているNATO諸国のトップレベルで働くソ連側スパイを聞き出すことにし た。十月十五日、ディビスはボンを訪れて、BND(連邦情報局)のレプチナ長官に会見を申し入れ、西独内のソ連側スパイである、NATO司令部幕僚のフォ ン・シュトライリッツ将軍と情報部のホルンスト・フェルゼンをどう処置するかを協議した。しかし、その間、二人は何者かによって殺された。西独政府は、飛 行機事故によるものとして合同葬儀を行ったが、それに立ち合ったボイルはなぜか、フェルゼンの他殺の真相をSCEのベルトンに打ち明けた。その日の午後、 ドベクール局長に呼び出されたベルトンは、売国奴として自分が疑われていることを告げられ愕然とする。早速彼はボイルと会い、自分を窮地に陥れた張本人と してボイルを責めたが、ボイルは、コミュニストとしての信条からソ連側に働いていた事実を認め、ベルトンにもソ連行きを薦めた。しかしベルトンは拒否し た。別れようとするベルトンの車に、ボイルが銃弾を浴びせたため、車は炎上した。一方、CIAでの六ヵ月の隔離生活を送ったフラゾフに、ディビスCIA局 長は、ボイルとトルコで撮ったフラゾフの写真はソ連領内で撮られたこと、ウソ発見機で調べたフラゾフの証言は、巧みに二つの質問を一つの答えに代えたもの であることを立証し、ボイルもフラゾフも共に西側の諜報組織を破壊してNATOを解体させるために潜入したソ連のスパイであることをつきとめた、と告げ た。身の危険を感じたボイルはいち早くソ連に逃亡した。そして今、ソ連の大物スパイ、フラゾフと、ソ連領内で撃墜されて捕えられていた米U12機のパイ ロットの交換が東西ドイツ国境の橋の上で行なわれようとしていた。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Watch エスピオナージ in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (30)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films La Boëtie

    Film exports/foreign sales :

    Artedis

    Foreign production companies :

    Euro International Film (EIA), Rialto Films

    フランス国内配給 :

    Cinema International Corporation (CIC)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (19)

    監督補佐 :

    Marc Grunebaum

    録音技師 :

    Jean Rieul

    フォトディレクター :

    Claude Renoir

    撮影技師 :

    Charles-Henri Montel

    編集担当 :

    Pierre Gillette

    スクリプト :

    Lucile Costa

    作曲家 :

    Ennio Morricone

    Costume designer :

    Hélène Nourry

    管弦楽編集者 :

    Bruno Nicolai

    演出助手 :

    Jean Drouin

    原作者 :

    Pierre Nord

    Screenwriters :

    Gilles Perrault, Henri Verneuil

    Sound assistants :

    Marcel Corvaisier, Vartan Karakeusian

    製作部長 :

    Jacques Juranville

    Assistant editor :

    Nadine Muse

    装飾 :

    Jacques Saulnier

    スタントマン :

    Rémy Julienne

    ナレーター :

    Jean Desailly

    スチールマン :

    Vincent Rossell

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    スリラー

    テーマ :

    スパイ

    言語 :

    フランス語, 英語, ドイツ語

    出身 :

    フランス, ドイツ, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ドイツ, イタリア)

    製作年 :

    1973

    フランス公開 :

    07/04/1973

    上映時間 :

    2 時間 4 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    40216

    ビザ発行日 :

    28/03/1973

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル