このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]

Your opinion

The Marriage of Mademoiselle Beulemans

The Marriage of Mademoiselle Beulemans

A 長編映画 by André Cerf

Produced by Les Films Tellus

Release in France : 27/12/1950

    あらすじ

    Suzanne Beulemans's fiancé, Séraphin Meulenmeester, once tells her that he has... a mistress and a... son! The bad news falls rather well though given that Suzanne has developed a fondness for Albert Delpierre, a young Frenchman who has come to Brussels to study the brewing methods of her father. She decides to break up amicably but Séraphin does not dare admit it to his father, who becomes angry with the Beulemanses. Suzanne's uncle, a vicar, tries to settle the whole thing but the coronation of King Albert I gives rise to renewed resentment. Suzanne finally finds the way to solve the problem: she takes Meulenmeester apart, reminds him of his own misconduct when he was a young man, asks him to forgive Séraphin while her own father accepts Albert as his son-in-law.

    俳優 (5)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Les Films Tellus

    フランス国内配給 :

    Les Films Marceau

    海外製作作品 :

    Théâtre de la Galerie

    クレジットタイトル詳細 (8)

    Assistant directors :

    Claude Sautet, Jean Leduc

    フォトディレクター :

    Marc Fossard

    撮影技師アシスタント :

    René Schneider

    Production Designers :

    René Moulaert, Roger Duculot

    原作者 :

    Fernand Wicheler, Frantz Fonson

    録音技師 :

    Jean Bertrand

    Editor :

    Isabelle Elman

    作曲家 :

    Richard Cornu

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ベルギー

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ベルギー)

    製作年 :

    1950

    フランス公開 :

    27/12/1950

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    10349

    ビザ発行日 :

    17/11/1950

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    35ミリ