このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Street Without Joy

Street Without Joy

A 長編映画 by André Hugon

Produced by Productions André Hugon

Release in France : 13/04/1938

    あらすじ

    Based on a story by Hugo Bettauer, La Rue Sans Joie is a remake of German director G.W. Pabst's silent classic The Joyless Street. Dita Parlo essays the old Greta Garbo role as Jean de Romer, daughter of an impoverished Viennese professor. To keep food on her family's table, Jean is willing to make any sacrifice, which leads inexorably to a life of prostitution. The subsequent courtroom finale, wherein Jean is on trial for the murder of slimy gigolo Louis Stinno (Valery Inkijoff), is the film's dramatic highlight.

    俳優 (32)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Productions André Hugon

    フランス国内配給 :

    Les Films Vog

    Film exports/foreign sales :

    LCJ Editions & Productions

    クレジットタイトル詳細 (7)

    せりふ作者 :

    Georges Fagot

    プロデューサー :

    André Hugon

    録音技師 :

    Jean Hawadier

    作曲家 :

    Georges Auric, Vincent Scotto

    原作者 :

    Hugo Bettauer

    Directors of Photography :

    Marc Bujard, Tahar Hanache, Michel Rocca

    装飾 :

    Emile Duquesne

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    売春

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1938

    フランス公開 :

    13/04/1938

    上映時間 :

    1 時間 27 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    570

    ビザ発行日 :

    31/01/1943

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル