このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
自由の幻想

自由の幻想

A 長編映画 by Luis Bunuel

Produced by Greenwich Film Productions

Release in France : 11/09/1974

    あらすじ

    1808年、スペインの卜レド。ナポレオン占領下のここでは、抵抗するスペイン人が処刑される。「自由くたば れ!」という彼らの叫び--。現代のパリ。少女がある紳士より、絵葉書をもらい、母のフーコー夫人(モニカ・ヴィッティ)にそれを見せる。「いやらし い!」という夫人と夫のフーコー(ジャン・クロード・ブリアリ)は、やがて興奮していく。絵葉書は風景物だ。翌朝、フーコーは医者(アドルフォ・チェリ) の所へ、するとそこの看護婦(ミレナ・ヴコティッチ)が休暇を願っている。1泊2日の休みに彼女は父の家へ向かうが、途中、宿屋に1泊。主人(ポール・フ ランクール)の案内でチェック・インしたが、伯母(エレーヌ・ペルドリエール)と甥の恋人達や、マゾの男などの泊まる所だった。早朝、彼女は車で出発。同 乗した教授(フランソワ・メーストル)は街で降りて、憲兵隊本部で講義する。訓練、事故発生等で生徒は減って2人だけ。「習俗の変化」と題し、教授は友人 の家での出来事を話す。食事はトイレで、トイレはテーブルの前の椅子=便器で、というお話。講義を終え街へ出た2人の生徒=警官は、ルジャンドル(ジャ ン・ロシュフォール)をスピード違反で捕まえた。ルジャンドルはガンで、1人娘が行方不明。早速彼は娘をつれて警察へ行き、この娘が誘拐されたと訴える。 すぐに捜査は開始され、ライフル乱射魔が捕まり、死刑を宣告されて釈放されてヒーローになった。ルジャンドルは警視総監(ジュリアン・ベルトー)に娘が発 見されたと聞かされ、妻(パスカル・オードレ)のつれてきた娘と再会。総監はそれから墓地へ行き、死んだ妹(アドリアーナ・アスティ)の棺桶を開けようと して逮捕される。そして警察でもう1人の総監(ミシェル・ピッコリ)と対面、酒を飲む2人は、やがて動物園へ入ってくる。そして動物達にだぶって、あの 「自由くたばれ!」の叫びがこだましてくる--。

    Source : movie.walkerplus.com

    Watch 自由の幻想 in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (50)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Greenwich Film Productions

    フランス国内配給 :

    Fox France

    海外製作作品 :

    Euro International Film (EIA)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (5)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日Titre local

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (14)

    製作代表 :

    Serge Silberman

    エグゼクティブプロデューサー :

    Ully Pickardt

    フォトディレクター :

    Edmond Richard

    撮影技師 :

    Jean Harnois

    Editor :

    Hélène Plemiannikov

    スクリプト :

    Suzanne Durrenberger

    サウンド・ミキサー :

    Alex Pront

    録音技師 :

    Guy Villette

    Screenwriters :

    Luis Bunuel, Jean-Claude Carrière

    撮影技師アシスタント :

    Alain Herpe

    製作部長 :

    Ully Pickardt

    Sound editor :

    Gina Pignier

    装飾 :

    Pierre Guffroy

    スチールマン :

    Jean Distinghin

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス (70.0%), イタリア (30.0%)

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1974

    フランス公開 :

    11/09/1974

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    42404

    ビザ発行日 :

    10/09/1974

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (3)

    監督