このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Marie-Martine

Marie-Martine

A 長編映画 by Albert Valentin

Produced by Éclair-Journal

Release in France : 11/05/1943

    あらすじ

    Novelist Loïc Limousin, passing through a little provincial town, meets again Marie-Martine, his book's heroine. She tells him how she met a good boy, Maurice, after the drama that led her to jail. Maurice is currently in Paris, at his uncle's house. While reading Limousin's book, Maurice wonders whether the heroine of the story might be the woman he fell in love with. He goes to the novelist's place, but his wife tells him, in accordance with her husband's instructions, that it is... pure fiction.

    俳優 (21)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Éclair-Journal

    フランス国内配給 :

    Éclair-Journal

    Film exports/foreign sales :

    Gaumont

    クレジットタイトル詳細 (10)

    製作代表 :

    François Chavane

    せりふ作者 :

    Jacques Viot

    フォトディレクター :

    Jean Isnard

    製作部長 :

    René Montis

    装飾 :

    Jean Perrier

    Adaptation :

    Jacques Viot

    Screenwriters :

    Jacques Viot, Jean Anouilh

    録音技師 :

    Jacques Vacher

    編集担当 :

    Raymond Lamy

    作曲家 :

    Georges Van Parys

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    文学

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1942

    フランス公開 :

    11/05/1943

    上映時間 :

    1 時間 43 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    70

    ビザ発行日 :

    12/05/1943

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    Audio format :

    モノラル