このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Hotel of Free Love

Hotel of Free Love

A 長編映画 by Eddy Matalon

Produced by Maki Films

Release in France : 08/05/1974

    あらすじ

    Madame Robert makes ends meet by running a boarding house, as her colonel widow's pension is not enough. A Norwegian pensioner, being young and athletic, starts doing gymnastics in the nude, in plain view of all respectable guests. Instead of being horrified, that leads everyone to express their inner selfs, as well as outer skin. Madame Robert can't take this, and expels all the guests, save the young Norwegian man, whom she considers a pure youth who didn't intend to start an orgy. Soon, she falls to his manly charms, and then invites back her lodgers to make the boarding house more pleasant, or rather, a "hotel de plaisir".

    Source : IMDb

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Maki Films

    フランス国内配給 :

    Lugo Films

    クレジットタイトル詳細 (7)

    製作代表 :

    Eddy Matalon

    Screenwriters :

    Paul Blade, Justin Lenoir

    録音技師 :

    René Gallo

    編集アシスタント :

    Jean-Philippe Berger

    監督補佐 :

    Alain Sens Cazenave

    フォトディレクター :

    Arthur Leroy-Ville

    Editor :

    Zoë Durouchoux

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    テーマ :

    エロチシズム

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1974

    フランス公開 :

    08/05/1974

    上映時間 :

    1 時間 20 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    41151

    ビザ発行日 :

    10/07/1973

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    16歳未満