このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
女王蜂

女王蜂

A 長編映画 by Marco Ferreri

Produced by Marceau-Cocinor

Release in France : 21/06/1963

    あらすじ

    アルフォンソ(ウーゴ・トニャッティ)は四十代で、自動車のセールス会社を経営している。友人の修道僧マリアノ師 (ワルター・ギラー)に結婚をすすめられ、中産家庭の娘レジナ(マリナ・ヴラディ)という信心の篤い、健康で美しい女を紹介された。新婚生活は幸福そのも のだった。アルフォンソはレジナを愛した。毎晩のように愛した。彼女も若さで彼の愛に応え、更に彼の愛を誘った。レジナは、女性の誰もがそうであるように 子供を産みたがり、伯母や従姉妹たちもいつ彼女が妊娠するか、いつ子供が生まれるかと待ち焦れた。アルフォンソとて子供が欲しいのは同じだが、医者に見て 貰っても身体に異状はない。四十代といえば若くはない。アルフォンソはいつの間にやらレジナの要求が苦痛になり、残業を口実にオフィスに泊まろうとすると そこへまで訪れて夫に要求をする。ある夜、アルフォンソはついに倒れ、海岸の村に保養にやられた。レジナのいない生活に幾分健康をとり戻したかに見えた が、彼女は見舞と称して現れその日を契機に床につききりになってしまった。村に置いてもおけず、病院車の世話で自宅へ戻ったものの、医者も彼の回復には自 信を失い、神の加護を願う以外の知恵がなかった。そんなある日、レジナは妊娠した。何カ月かの後、レジナや伯母、従姉妹たちが見守る中で、マリアノ師が生 まれて間もない赤児に洗礼を授けていた。アルフォンソの健康だった頃の写真が、レジナの背後の壁で笑っているような、泣いてもいるような顔でそれを見てい た……。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (6)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Marceau-Cocinor

    Film exports/foreign sales :

    TF1 Studio, Tamasa Distribution

    Foreign production companies :

    Sancro Film, Fair Film

    フランス国内配給 :

    Cocinor

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (5)

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    テーマ :

    性行為

    言語 :

    フランス語, イタリア語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    ごく一部フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1963

    フランス公開 :

    21/06/1963

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    26698

    ビザ発行日 :

    10/06/1963

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    Cannes International Film Festival - 1963

    Cannes International Film Festival (フランス, 1963)

    Selection

    Official Competition

    受賞