このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Françoise Lebrun, les voies singulières

A 短編映画 by Emmanuel Vernières

Produced by Sedna Films

製作年 : 2007

    あらすじ

    For most movie-lovers, Françoise Lebrun is associated with her portrayal of Veronika, the heroine of The Mother and the Whore by Jean Eustache, one of the most iconic French films of the 1970s. Beyond issues of the actor's identification with her character, this documentary traces a portrait of a performer with a special gift for language and follows the way in which she looks today on her career and the choices she made. Between the stage and the studio, this film observes Lebrun simply as she is.

    Participant

    映画製作・配給会社

    製作代表 :

    Sedna Films

    Photos

    クレジットタイトル詳細 (7)

    製作代表 :

    Cécile Vacheret

    Sound recordist :

    Yolande Decarsin

    Sound editor :

    Rosalie Revoyre

    Participant :

    Françoise Lebrun

    Directors of Photography :

    Emmanuel Vernières, Emmanuelle Le Fur, Valérie Garel

    Editors :

    Andrée Davanture, Cédric Le Floc'h

    サウンド・ミキサー :

    Joël Rangon

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    サブジャンル :

    創作ドキュメンタリー, 人物描写

    テーマ :

    芸術, シネマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2007

    上映時間 :

    52 分

    ニュメロ·デ Visa :

    118.317

    ビザ発行日 :

    30/10/2007

    生産のフォーマット :

    HD-CAM

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    16/9

    Audio format :

    ステレオ

    禁止 :

    なし